Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】Adobe「若者の声」を集めるアワードを開催 2014/02/18 最新ニュース

high-school

アメリカのAdobe Systemsは、Adobe財団を通じて、「2014 Adobe Youth Voices Awards」を開催し、若者から社会へのメッセージ作品を募集する。同社は、かねてよりCSR活動として、各国のNPOや施設への製品提供などを行っている。本コンテストもその一環。

参加対象年齢は13歳から19歳で、ティーンエイジャーからの社会に対する声をテーマとしている。対象作品はミュージックビデオ、写真エッセイ集、メッセージビデオなどストーリー性のあるもの。同社のWEBサイトで応募作品を鑑賞することもできる。作品の持つクリエイティビティー、クオリティー、メッセージ性を総合的に審査し受賞者は決まる。受賞者は7つのカテゴリーで1位から3位まで選出され、Adobeの製品や取り組む社会問題への寄付金が送られるほか、受賞作品が国際映画祭などでも発表される。作品提出期間は2月14日(金)まで。

【企業サイト】Adobe Systems

【アワードサイト】2014 Adobe Youth Voices Awards

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る