Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【カナダ】カナダ輸出開発公社が初のグリーンボンド債権を発行 2014/02/27 最新ニュース

green

カナダ輸出開発公社(以下EDC)が3億米ドルを元金にグリーンボンド債権の発行を開始した。グリーンボンドとは、世界銀行が開発途上国で実施する事業の資金調達を目的に発行する社会貢献型債券。グリーンボンドは、地球温暖化にまつわる環境関連の諸問題への対処事業「グリーンプロジェクト」に活用される。グリーンプロジェクトの案件選択基準に深い関わりを持つノルウェーのオスロ国際気候環境研究所(CICERO)はEDCの今回の決定を支持することを発表。投資家はグリーンボンドの購入を通じて世界の環境問題へ貢献できる。

EDCがグリーンボンド債権で調達した資金の運用例は以下のとおり。

・再生可能エネルギー(アルゼンチン、アメリカ)
・公共交通機関(オーストラリア、イギリス)

EDCは、他にもCSR/SRIに配慮した運用取引を行っている。EDCがグリーンボンド債権で調達した資金の運用方法については米証券取引委員会(SEC)のウェブサイトで確認できる。

【企業サイト】カナダ輸出開発公社

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る