Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】アメリカでの企業のCSRは大きく活発化。ボストンカレッジ調べ。 2014/03/10 最新ニュース

boston

アメリカ、ボストンカレッジのコーポレートシチズンシップセンターは、最新の企業CSR実践に関する調査を発表。調査対象はアメリカ企業231社。前回2010年時と比べ、CSR活動が活発化しているという結果をまとめた。

    1. 前回2010年と比べ、CSRを推進する企業幹部が74%増加(CSR部門や広報部門に在籍)
    2. CSR予算を持つ企業の割合は、前回2010年の81%から100%に上昇
    3. 約3分の2の企業が公式なCSR戦略を保有
    4. 多くの業界でCSR予算は社員教育に重く配分
    5. 企業幹部の60%以上は、CSR関連のイベントや活動を積極的に支援

【企業サイト】Center for Corporate Citizenship?

Key Picture: Jon Sullivan/ http://public-domain-photos.com/

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る