Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】Adobe、環境負荷を軽減する世界一のテクノロジー企業に選出 2014/03/25 最新ニュース

awards2

アメリカの大手アプリケーション開発メーカーAdobeは、企業の環境インパクトを分析するリサーチ企業Trucostが選出するNatural Efficiency Capital Leaderに選ばれた。Natural Efficiency Capital Leaderとは、Trucostが4600以上の上場企業を評価し、19業種の中から環境負荷の軽減を推進している34企業を選定するもの。地球の自然資源の利用量を削減しながら、収益を成長させることに成功している企業を選出している。

TrucostがNatural Efficiency Capital Leaderを発表する目的は、作成したNatural Capital Leaders Indexが、事業経営と環境負荷削減を両立できているかどうかを測る標準尺度として活用されるようにすること。AdobeはすでにNatural Capital Leaders Indexの質を認めている。選出された34社の中には、Xerox, Ford, Verizonなどアメリカ企業が多数を占めている。日本からは塩野義製薬、NTT都市開発、りそなホールディングスの3社が選ばれた。インド、インドネシア、トルコなど新興国の会社も含まれている。

【企業サイト】Adobe

【表彰サイト】Natural Efficiency Capital Leader

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る