Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】米マクドナルド、対コミュニティ施策で教師にクーポン配布 2014/05/20 最新ニュース

mcdonalds

米アリゾナ州のマクドナルドショップで、5月6日のTeacher Application Day(先生に感謝の気持ちを伝える日)に、州全体の教師への感謝を込めてキャンペーンを実施した。各地のマクドナルドショップで、朝5時から夜の8時までの時間帯に学校のIDを見せた教師に対し、追加のバリューセットを無料で提供した。さらに、アリゾナの全マクドナルドショップで、先着100人の教師には8月末まで使えるドリンク券をプレゼントした。

昨年、アリゾナのマクドナルドは同じキャンペーンで3万2000個以上のバリューセットを提供している。

「私たちは、若い世代への教育に日々力を注いでいる教師たちに感謝している。彼らへの敬意を表し、私たちのメニューから健康に良い食事を楽しんでほしい」と、フェニックス及び北アリゾナ地域を統括するマクドナルドのトップMichelle Slayton氏は「今年はマックカフェで使えるドリンク券もプレゼントするので、美味しいドリンクも楽しんでもらいたい」と話した。

【企業サイト】マクドナルド

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る