Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【マレーシア】農業市場調査発表、将来の行き詰まり予測と企業の自主的取組 2014/05/24 最新ニュース

palm

市場調査や各種ビジネス情報提供分野のリーディングカンパニ米Fast Market Research社は、「Malaysia Agribusiness Report Q2 2014」をリリースした。

Malaysia Agribusiness Report Q2 2014によると、今後マレーシアの農業関連産業部門が強力な成長を遂げる為には、輸出の拡大や政府の支援の在り方がキーポイントになるという。

強い支援をうけ、砂糖、鶏肉、ココア生産の分野において特に有利な立場にあるマレーシア。しかしながら、消費パターンの変化、病気の発生、突発的な政策変更などが起こるタイミングを容易には予測できないという点がリスクとして存在している。また、中長期的なスパンでは、資源不足がこのセクターの成長に不利な影響を及ぼしかねないことも強調された。

その他、わずかではあるが2013年から2014年は減少傾向にあるパーム油の生産についての見立ても修正された。プランテーションの成長拡大が制限される中、過去の水準と比較した場合、全体的な生産伸び率は弱いままである。業界最大手のWilmar Internationalが森林破壊を減らし、製品をよりサスティナブルなものにするという決定は、環境問題がますますパーム油生産に影響を与えるシグナルとしても浮かび上がる。また、同社はより大きな環境保護努力の一環として、森林保護や野焼きの制限を確約した他、泥炭地を含む高炭素地域の保護も実施する計画だ。消費財業界でグローバルで2位のUnileverとの提携も発表しており、同社は、パーム油製品のサステナブル生産を加速させる。企業が自主的に農業のサステナブル化に取り組むことで、マレーシア農業そのものが安定化し、世界の食料基地としてのマレーシアのポジションが強化されることにもつながる。

【企業サイト】Fast Market Research

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る