Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【フランス】二酸化炭素回収・貯留技術に関する最新トレンドレポートが発行された 2014/06/02 最新ニュース

CO2

調査レポート検索ツールを提供するフランスのReportLinker社は、製造業での二酸化炭素削減に関する最新技術と、2025年までの技術ロードマップの研究成果をまとめたレポート”Moving toward Sustainability-Carbon Reduction Technologies in Industry (Technical Insights)”を発表した。

レポートの中では、今後の二酸化炭素削減を左右する二酸化炭素回収貯留技術(CCS:Carbon Capture and Storage)を大きく取り上げている。エネルギー業界でのこれまでの技術開発、他の素材業界への適用可能性、技術開発を促進するための課題、各国での二酸化炭素削減取り組みのの状況などが細かく記載されている。

レポートは、下記のサイトから購入できるが、53ページのレポートに$6,500はちょっと高い。サマリー版はサイト上で閲覧できるので、エネルギー分野に携わる方にはぜひ目を通しておいて頂きたい。

【レポートサイト】Moving toward Sustainability–Carbon Reduction Technologies in Industry (Technical Insights)

【企業サイト】ReportLinker.com

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る