Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】バーガーキング、2014年卒業の高校生らに260万ドルの奨学金を付与 2014/06/17 最新ニュース

shutterstock_152715368

米ファストフード大手のバーガーキングは、同社が設立したバーガーキング奨学金プログラムで、今年、米国、カナダ、プエルトリコの高校を卒業する2,300人以上の学生に、総額260万ドルを超える奨学金を与えると発表した。

与えられる奨学金の額は様々で、50,000ドルのJames W. McLamre WHOPPER™奨学金が3名、5,000ドルの地域別奨学金が19名、そして1,000ドルの奨学金が2,000人以上の学生に与えられる。

奨学金の名称にもなっているJames W. McLamore氏は、バーガーキングの共同設立者である。同氏を追悼して設立されたBURGER KING McLAMORE?財団が始めた同奨学金プログラムは、McLamore氏の生涯を通じた慈善活動と教育へのコミットメントを受け継いでいる。

BURGER KING McLAMORE?財団会長のJill Granat氏は、「今年の奨学金獲得者は、ダイバーシティ、信頼性、奉仕の心、リーダーシップ、そして多分野における学問知識を兼ね備えている」とし、「優秀な次世代の人材に、McLamore氏の遺産を引き継げることを誇りに思う」と述べた。

バーガーキング奨学金の対象者は、米国、カナダ、プエルトリコ内の卒業を控える高校生、バーガーキング従業員、従業員の配偶者やパートナー、そしてその子どもたちまで含まれる。そのうち高校生については、同プログラム開始以来、21,000人以上に、計2,260万ドルを超える奨学金が与えられている。

【企業サイト】BURGER KING WORLDWIDE, INC.
【財団サイト】THE BURGER KING McLAMORE? FOUNDATION

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る