Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【中国】キッチン産業、サステナビリティ推進のため環境を意識 2014/07/08 最新ニュース

キッチン

中国でキッチン全体のグリーン化が進展している。不動産開発、建築装飾業、建材生産業など関連産業では、グリーン建材の重要性意識が急上昇。積極的にグリーン建材の開発、生産、設計、応用に取組み始めた。システムキッチンメーカーにおいても、グリーンプロダクトの責任と義務を認識し、サステナビリティへの貢献に力を入れてきている。

○ダメージ防止から環境推進へ
中国では、まだホルムアルデヒドや、ベンゼンなどの汚染有害物の削減に悩んでいる企業が多い。一方、エコ製品に取り込み始めている企業も少なくなってきており、環境保護の理念は徐々に浸透しつつある。強化されている環境配慮は二点。一つは省資源、省エネ、節水に資する製品を提供すること。もう一つは再生材料の利用により、廃棄物ゼロに近づけていくことだ。最終製品の環境配慮性は素材によって左右されるところが大きい。素材の選定から製品完成までの全段階において、環境配慮がなされるようになってきた。

○エコプロセス:
最終製品だけでなく、より難易度の高い生産工程での環境インパクトの低減も着手され始めてきた。例えば、森林乱伐を防ぐため、森林管理協議会(FSC、PEFC)が認証した原材料を使用するというもの。これにより、認証を得ない業者からの木材流通を防止できる。また、生産工程での排気ガスの浄化、エネルギー効率の向上を推進するとともに、廃棄物とゴミの削減やリサイクルの促進も推進していく動きも出ている。

中国企業は先進国企業に比べまだ環境に対する意識が高いとは言えないが、急速に環境配慮の質も向上している。結果として、中国の環境改善だけでなく、中国製品の海外での競争力も高まっていく。

【情報サイト】中?橱柜网

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る