Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】ネスレ、米国内のサステナビリティ活動をまとめたCSVレポートを発表 2014/07/23 最新ニュース

shutterstock_124589956

ネスレは6月30日、米国内で展開するグループ7社のCreating Shared Value(CSV)レポートを発表した。同レポートではネスレのグローバルにおけるサステナビリティ基準とコミットメントに関連する形で作成されているが、米国内に特化した進捗・達成状況を報告するレポートとしては今回が初となる。

ネスレは米国の家庭の97%に商品を提供する世界最大の食品・飲料メーカーとして、世界の栄養と健康を推進し、より持続可能な未来を作り出すことを使命に掲げている。今回の報告書では同社の米国内におけるグローバル・コミットメントに対する最新の進捗状況に加えて同社のこれまでの栄養・社会・環境における取り組みも紹介されている。

Nestlé USAのCEOを務めるPaul Grimwood氏は「ネスレが長期に渡り成功し続けるためには、我々は自社の事業のためだけではなく、消費者やそのペット、従業員、事業を展開する地域のコミュニティ、そして社会全体も含めて我々と関わる全ての人々のために価値を創造していかなければならない。」と語る。

今回の報告書では特に栄養、環境負荷、水の利用、社会的影響、地域開発、責任調達の領域におけるサステナビリティ目標の進捗状況が共有されている。詳細は以下の通り。

Nutrition, Health and Wellness(栄養と健康)

  • ポーション・ガイダンス(1食分の摂取量表示):Dietary Guidelines for Americans(米国の食事ガイドライン)に合った栄養満点で手軽でおいしい食事のサポートのために新たなポーション・ガイダンスおよび教育キャンペーン、Balance Your Plateを展開
  • ナトリウムカット:Stouffer やDiGiornoなど多くの人気商品からナトリウムを削減。さらにNestlé Nutritional Foundationの基準にそぐわない製品のナトリウムを2016年までに10%カットする方針
  • 糖分カット:現在、96%の子供用商品がNestlé Nutritional Foundationの糖分基準に準拠しているが、これを2014年中に100%にする
  • トランス脂肪酸0へ:トランス脂肪酸を使った商品を2016年までに0にする

Environmental Impact(環境への影響)

  • 廃棄物削減:2010年と比較して製品1トンあたりの廃棄物を44%削減
  • 責任あるパッケージ: Nestlé Waters North America が500mlボトルに含まれるプラスチックを1994年と比較して60%軽減。2003年以降、単体で15億kg以上のプラスチックを節約
  • 責任ある調達:Nestlé Purina PetCareはNestléのグローバルなResponsible Sourcing Guidelines(責任調達ガイドライン)に従い、シーフードにおける責任調達ガイドラインを施行。また2013年には調達するパーム油のRoundtable on Sustainable Palm Oil(RSPO)認証を100%達成

Social Impact in 2013(社会への影響)

  • 地元コミュニティ支援:地元のUnited Way organizationに230万ドル以上を寄付
  • 災害対策: Nestlé Waterは685,000本の水ペットボトルを、Nestlé Purinaは2,700kg以上のペットフードおよび1,850kg以上の敷き藁を全米のシェルターに寄付
  • サプライヤーのダイバーシティ:女性・シニアなど 4,100以上のマイノリティ中心の企業と提携

現在ネスレは米国47州で120以上の事業所を展開し、51,000人以上の従業員を雇用している。米国市場はネスレにとって最大の市場であり、2013年の米国における合計売上は250億ドル以上にも及ぶ。

米国においては特に肥満や栄養など食に関わる健康問題が重要な社会課題の一つとなっており、同社の米国市場における社会的責任および影響力は決して少なくない。今回のCSVレポート発行を皮切りに、ぜひ今後の同社の米国におけるCSVの取り組みにも注目していきたいところだ。

尚、レポートの詳細は下記から確認可能だ。CEOコメント、ネスレのCSVについて、グローバルにおけるサステナビリティ進捗状況、マテリアリティマップ、各重点分野の進捗状況などが非常に分かりやすくまとめられているので、興味がある方はぜひ見て頂きたい。

【CSVレポート】Nestlé’s 2013 Creating Shared Value report
【企業サイト】Nestlé USA

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る