Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】カルフォルニア州、大型食料品店などでのプラスティック袋を禁止へ 2014/10/27 最新ニュース

shutterstock_171874811

米国カルフォルニア州のJerry Brown氏は9月30日、大型食料品店などでの使い捨てプラスティックレジ袋の提供を禁止する法律に署名した。米国では、ロサンゼルスやサンフランシスコなどを含む100以上の自治体で既に同様の法律が制定されているものの、州としての禁止は今回が初めてとなる。

米国で最大の人口を持つカルフォルニア州で同法が成立したことは米国にとってとても大きな意味を持ち、他州へも動きが波及する可能性も考えられる。

新法は2015年の7月から大型食料品店や薬局で、2016年7月からはコンビニエンスストアや酒店などでも適用される予定だ。

また、新法では店舗に対して紙袋や再生利用な袋に対して少なくとも10セント請求することを認めており、また、プラスティック袋の製造企業に対しては、再生可能な袋の製造へのスムーズな移行に向けた資金援助も行うとしている。

一方で、同法の制定をめぐってはプラスティック袋の製造企業らによる業界団体からは反発の声も挙がっており、法律の失効に向けた住民投票のための署名活動も進んでいる。業界団体は兼ねてからカルフォルニア州政府に対してロビー活動を進めていたが、結果としては州政府が環境保護の方針を貫いたことになる。

米国で最初にプラスティック袋を禁止した大都市として有名なのは、2007年に禁止法を制定したサンフランシスコだ。同市では食料品店やコンビニエンスストアでは紙袋が利用されており、袋の購入に費用がかかる店舗も多いため、自ら買い物袋を持参する顧客も多い。

今回の禁止はカルフォルニア州全域となるため、反発もより大きくなることが予想されるが、そのぶん米国の環境保護政策はまた更に大きく一歩前進したと言える。今後は再生利用な袋の開発や袋のリサイクル・回収システムの構築など、新法に対応してどのような新しいビジネス機会を作り出すかが製造企業、小売企業の課題となる。

【州政府サイト】Governor Brown Signs Legislation to Ban Single-Use Plastic Bags

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る