Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】Green Mountain Power、公益企業として世界初のB Corpに認定 2014/12/21 最新ニュース

shutterstock_185308085

社会や環境に良い影響を与えている企業や組織などに対して与えられる民間認証として有名なB Corporation(以下、B Corp)の動きが、インフラ事業を展開する公益企業まで広がっている。

米国バーモント州に本拠を置く電力会社のGreen Mountain Power(以下、GMP)は12月1日、公益企業として世界初となるB Corp認証を受けたと発表した。B Corpはビジネスを力を利用して環境・社会問題の解決に取り組んでいる米国のNPO、B Labが運営している認証制度だ。環境、アカウンタビリティ、透明性など同団体が定める厳しい基準を満たし、社会に良い影響を与えていると認められた企業・組織に対して認証が与えられる。

GMPのCEOを務めるMary Powell氏は「B Corp認証の授与は大変な名誉であり、顧客を第一に考え、地域社会および環境にポジティブな変化を生み出すという我々の深いコミットメントを強化してくれるものだ。我々は、バーモント州、そして世界中の数多くの偉大な企業の仲間に加われたことを大変光栄に思う」と喜びを語った。

現在、B Corp認証を受けている企業は世界37か国、合計1,165社あり、GMPの本拠地であるバーモント州では現在21社が認定されている。世界を代表するB Corpとして有名なアイスクリームチェーンのBen&Jerry’sもバーモント州の企業だ。Ben & Jerry’sの創立者であるBen Cohen氏とJerry Greenfield氏も今回のGMPのB Corp認証を称賛している。

Ben Cohen氏は「我々は、Ben&Jerry’sの重要な功績が、コミュニティや地球に対する配慮を日々の意思決定の中に組み入れていくという新しいビジネスのありかたの実例を作り上げたことだという点を特に嬉しく思う。このやり方はB Corpの中でも大事にされている。改めてGMPに対しては電力会社としての世界初のB Corp認証を祝福したい。我々は、彼らのコミットメントと事業が他社を鼓舞することを願っている」と語った。

またB Labの共同創立者Jay Coen Gilbert氏は「クリーンで手頃な価格のエネルギーは持続的な繁栄には不可欠だ。我々は初めての公益企業としてGMPをB Corpに迎え入れることをとても嬉しく思っている」と述べた。

日本ではまだあまり馴染みがないB Corpだが、グローバルでは小規模な企業を中心に急速にB Corp認証を獲得する企業が増えており、着実に認知度が高まってきている。

【企業サイト】Green Mountain Power
【団体サイト】B Corporation

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る