Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】Estee Lauder、P&G、Hershey’sら、新たにSustainable Brandsの会員企業に 2014/12/31 最新ニュース

shutterstock_22358456

サステナビリティ関連のイベントを手がけるSustainable Brandsは12月9日、新たに同団体の会員企業ネットワーク、Corporate Member NetworkにEstee Lauder、P&G、Hershey’s、Hasbro、Iron Mountain、Miller Coors and Domtarなどが加わったと発表した。今後、これらの企業は既にネットワークに加盟している55以上の企業とともに持続可能な未来の実現に向けて取り組んでいくことになる。

Sustainable BrandsのCorporate Member Networkを構成している55以上の企業を合わせると年間の売上高は8,000億ドル、従業員数は世界中で400万人以上に上り、まさに世界を代表する一大コミュニティに成長しつつある。

会員企業を対象とした最近の調査によれば、会員企業の83%が継続的に1つ以上の製品ブランドでサステナビリティをイノベーションの源泉にしていると回答しており、90%以上の企業が、近い将来より多くの製品ブランドについても価値の源泉としてサステナビリティを取り入れていきたいと回答したとのことだ。

こうした目的を達成するために、Sustainable Brandsでは会員企業らによる協働アジェンダとして下記3つを設定している。

  • ボトムラインに対する真の環境・社会コスト、ポジティブインパクトをよりしっかりと測定し、結合するための新たなビジネス手法の採用
  • 事業成長を促し、持続可能な経済への移行を支援する破壊的イノベーションの模索
  • 健康で持続可能な生活と消費に向けた社会の需要・行動の変化に対する理解・促進

会員企業でもあるMicrosoftで環境・サステナビリティ部門にてディレクターを務めるJosh Henretig氏は「Sustainable Brandsに会員企業として参加することで、他企業との実りある議論や協働できる環境、人々、事例やツールなどの価値を享受することができ、それらが自社を変革に導くことを可能にしてくれる」とその意義を語る。

米国Sustainable Life Media社が運営するSustainable Brandsは、サステナビリティ分野の先進企業が集うグローバルコミュニティとして年々その存在感を高めつつある。Sustainable Brandsではグローバル企業のサステナビリティ活動に関する成功事例や課題など貴重な知見が共有されているほか、NGOや学術界など他分野からのサステナビリティに関する最新の知見にも触れることができる。Sustainable Brandsへの参画を通して、今、サステナビリティ業界の最前線で何が起こっているのかをタイムリーにキャッチすることが可能だ。

興味がある方は次回2015年6月に米国サンディエゴで開催予定のイベントSB’15 San Diegoに参加してみるのもよいかもしれない。Corporate Member Networkや最新のイベント情報などについては下記からどうぞ。

【参考サイト】Sustainable Brands
【企業サイト】Sustainable Life Media

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る