Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【ドイツ】アクセンチュア、女性の就労・起業支援に向けてSocial Business Womenに130万ドルを支援 2015/01/09 最新ニュース

shutterstock_218763943

戦略コンサルティング大手のアクセンチュア、およびアクセンチュア財団は12月11日、ドイツで女性の自立支援事業を展開しているNPOのSocial Business Womenに130万ドルを寄付したと発表した。今後、同資金はドイツ国内の2,000人の女性に向けた就労・起業スキルトレーニングなどに充てられる予定だ。

アクセンチュアは“Skills to Succeed”というコーポレート・シティズン・プログラムを展開しており、2015年までに世界中の就労・起業希望者70万人に対してスキル・トレーニングプログラムを提供することを目指している。今回の寄付も同プログラムの一環として行われ、Social Business Womenに対する支援としては金銭の寄付に加えてアクセンチュア社員によるプロボノサービスも含まれる。

Social Business Womenは地元のNPOらと協力しながら、失業中、シングルマザー、貧困など何らかの困難を抱える女性に対して就職やスモールビジネスの創出に必要なスキルを習得するためのトレーニングを実施していく予定だ。

アクセンチュアのグローバル•コーポレート•シティズンシップでマネージングディレクターを務めるJill Huntley氏は「Social Business Womenは、雇用創出や起業支援を通じて女性やその家族、ひいては地域コミュニティの経済的自立を実現するという我々のコミットメントを共有している。Social Business Womenと協働することで、我々は彼らの組織を拡大し、更なるインパクトを生み出す手助けをすることができる」と語った。

また、Social Business Womenの共同創業者Gabriele Moehlke氏は「ドイツでは多くの女性が経済的理由や規制、社会の障壁によって仕事を見つけたり新たに事業を始めたりすることが難しくなっている。今回の寄付により女性は社会に参画するためのスキルや自信を身につけることができ、我々は女性およびその家族、地域社会の経済状況を改善することができる」と語った。

【企業サイト】Accenture
【参考サイト】Accenture “Skill to Succeed”
【団体サイト】Social Business Women

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る