Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【中国】第5回CSR卓越賞発表。シチズン、キヤノン、広汽豊田も受賞。 2015/01/16 最新ニュース

kids-in-china

 中国国務院民政部が主管し、中国社会工作協会が発行する業界誌「公益時報」は12月18日、北京で「第5回中国CSR卓越賞」の授賞式を行った。

 中国CSR卓越賞の評価選定作業はCSRコンサルティングのInnoCSR社。評価基準は企業やプロジェクトの商業価値と社会環境価値の二つの側面で分析され、その双方が高い企業及びプロジェクトが表彰される。商業価値の評価は、企業の業務内容、人的資源、ブランド力、メディア掲載数、売上増加額などでなされる。一方、社会環境価値は、持続可能性、ソリューション能力、投資額などの資源投入量、革新性の4つが評価項目となっている。表彰は全部で5部門に分かれており、金賞にあたる「企業卓越賞」「プロジェクト卓越賞」、銀賞にあたる「企業優秀賞」「プロジェクト優秀賞」、そして「推進力賞」の発表があった。2015年は応募総数が300を超え、そのうち合計で55が受賞した。

■企業卓越賞(10社)
中国華信エネルギー、中国石油化学工業グループ、広汽豊田自動車、雅培貿易上海、ニュースキン、テンセント、無限極中国、四川宏達グループ、キャタピラー中国、P&G中国

■プロジェクト卓越賞(10プロジェクト)
ベントレー社の農村教育計画、アリババ社の天天正能量プロジェクト、中脈道和公益基金会の朝陽計画(青少年健康育成)プロジェクト、ASUS社の新青年eボランティア行動、サムソン電子社の”SOLVE FOR TOMORROW(未来を探す2015年全国青年科学普及革新実験と作品大会)”、華潤怡宝社の「100の図書館計画」、金光紙業社の「点亮夢想(聾学生の支援活動)」、世茂グループの三年III班プロジェクト、カミンズ社の「環境挑戦大会」プロジェクト。

■企業優秀賞(10社)
インテル中国、百度、フォード中国、EMCコンピュータシステム中国、李錦記販売中国、新奥グループ、ウィリアム・リグレー・ジュニア・カンパニー中国、北京恒昌利通、加多宝グループ、中南建設グループ

■プロジェクト優秀賞(10プロジェクト)
ユナイテッド・テクノロジーズ社の青少年STEM科学普及教育計画、中華環境保護基金会の「LUX緑の旗行動1人1元1㎡のチベット高原植樹緑化計画」、ノバルティス社の健康急行プロジェクト、遠洋地産社の小さなパートナー成長計画、ジーンズウェスト社の大学生勉学援助基金プロジェクト、シチズン社の「緑の公民行動」、斗山社の社会公益プロジェクト、SUPOR社の小学(児童助成)プロジェクト、ABB社のグリーン公民行動「オルドス砂漠プロジェクト」、カーギル社の青少年の夢実現プロジェクト「心系你我円夢カーギル150周年活動」

■推進力賞(15社)
アディダススポーツ中国、デル中国、コカコーラ中国、中鉄現代物流科学技術、三生中国、ハネウェル中国、海南航空観光グループ、恒信璽利実業、チューリッヒ保険、北京聚融、キヤノン中国、シティバンク、安徽古井貢酒、中国華能グループ、神威薬業

【参照URL】第五届中国企业社会责任卓越奖在京揭晓

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る