Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【オランダ】イケア、2014年度のサステナビリティレポートを公表 2015/02/24 最新ニュース

shutterstock_249099508

家具大手のIKEAグループが1月28日、2014年度のサステナビリティレポートを公表した。レポートからは同社の掲げるサステナビリティ戦略“People & Planet Positive strategy”が順調に進捗しており、非常に高い成果を生み出していることが分かる。また、サステナビリティパフォーマンスと共に発表された財務業績も好調で、売上高は昨年から5.9%増加し287億ユーロ(321億USドル)に到達した。

同社の2014年度のサステナビリティ活動の概況は下記の通り。

再生可能エネルギー

2014年にIKEAグループは、新たに87基の風力タービンを設置し、合計224基となった。また、新たに150,000枚の太陽光パネルも設置し、パネル数は合計700,000個に到達した。これらの取り組みにより、2020年までに事業で消費する総エネルギー量より多くの再生可能なエネルギーを生成するという目標にまた大きく一歩前進した。また、同社は2015年末までに、15億ユーロを再生可能エネルギープロジェクトへ投資するという目標を掲げ、更に積極的な投資を進めている。

持続可能な製品の販売増加

より持続可能な暮らしを実現する家具製品の販売額は10億ユーロを突破し、13年度から58%増加した。これらの製品は、エネルギーの節約や発電、水使用量や廃棄物の削減、より健康的な生活の実現につながる製品だ。

LEDへの切り替え

同社の販売している照明製品の75%はLED照明またはLEDバルブを使用可能なものとなっている。これらの製品は従来の電球よりもエネルギー使用量が85%も少なく、20倍以上も長持ちする。同社は全ての照明製品を2015年9月までにLEDに変える予定だ。

エネルギー効率化

同社は店舗および倉庫におけるエネルギーの効率化に力を入れ、2010年度以降、6600万ユーロもの経費削減を実現している。

持続可能な木材調達

IKEAグループは小売業界の中で世界最大のFSC認証済み木材の購入企業の1社でもある。14年度には同社が調達した木材の41%がFSC認証を受けるかまたはリサイクルされたほか、全ての木材はIKEAの森林基準を満たしたサプライヤーから調達されている。

持続可能なコットン

IKEA製品における持続可能なコットンの使用割合は76%に到達し、農家は農薬や水使用の削減と同時に収入の増加を実現している。2015年8月末までに持続可能なコットンの調達を100%にするという目標に向けて順調に進捗している。

ダイバーシティ

管理職の47%が女性となっている。

コミュニティ

IKEA財団は、世界の最貧困地域で暮らしている子供達を支援するプロジェクトに2014年度は 1億400万ユーロを寄付した。

IKEA Groupの代表を務めるPeter Agnefjäll氏は「サステナビリティはイノベーションを生む重要な鍵であり、我々の経営戦略に不可欠な要素だ。事業を改善する大きな機会とみなしている。だからこそ、我々は、LED照明や特に重要な原材料、再生可能エネルギーなどに関して野心的な目標を設定してきた。我々は人々と地球にポジティブな影響を与えながら成長していくことを決心している」と語った。

また、同社の最高サステナビリティ責任者を務めるSteve Howard氏は「我々は”People & Planet Positive strategy”を通じてIKEAを真に持続可能な会社にしたいと考えている。現在ではコットンの75%と木材の41%以上をより持続可能なサプライヤーから調達することにより、重要な原材料の調達において大きな前進を果たしていることを私は誇りに思う。また、我々は目標であるエネルギー自立に近づくために、再生可能エネルギーにも投資している。そして、効率的なエネルギー利用ができるLED照明を手頃な価格で魅力的な製品にしたことで、我々は何百万もの人々がより持続可能な生活を送ることを可能にした」と述べた。

IKEAはサステナビリティ先進企業として広く知られているが、LEDをはじめとする持続可能な製品の販売などを通じて財務面でも健全な成長を果たしている点が特徴で、同社の取り組みから学べる点は多い。サステナビリティレポートの詳細は下記からダウンロード可能。

【レポートダウンロード】IKEA Group Sustainability Report FY14
【企業サイト】IKEA Group

(※写真提供:FotograFFF / Shutterstock.com

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る