Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【4/14 東京・CSRセミナー】緊急セミナー「非財務情報開示の最先端の動向を探る」が開催! 2015/03/20 行動する

非財務情報開示の最先端の動向を探る
~企業は非財務情報開示の波にどう向き合うのか?~

GIST Advisory、Trucost、レスポンスアビリティ共催

この1、2年の間に、世界全体で、企業の非財務情報に関する動きが加速しています。欧州では、非財務情報開示の義務化、日本では日本版スチュワードシップコードやコーポレートガバナンス・コード、国際的には統合報告フレ-ムワークやGRI G4などが次々に出揃いました。

そのような中、企業はどう対応すべきなのか、まだ迷われているところも多いのではないでしょうか。企業は今後どのように非財務情報を測定し、管理し、活用し、それをコミュニケートすべきなのでしょうか?

今回、非財務情報の開示の分野で世界的なオピニオン・リーダーであるパヴァン・スクデフ氏と、自然資本のスタンダードづくりで中心的な役割を果たしている英国Trucost社のトム・バーネット氏をお招きし、世界でのスタンダード作りと海外投資家の動向について、その最先端をご紹介いただきます。合わせて日本企業が取るべき行動について考えます。

世界の最先端の情報を手に入れられるまたとない機会ですので、ご興味のある方は下記のセミナーにお早めにお申し込みください。

セミナー詳細

  • 日時:2015年4月14日(火)13:30~16:30(13:00開場)
  • ※時間は多少前後する場合があります。

  • 場所:エッサム神田ホール(神田駅徒歩1分)
  • 定員:60名
  • 講師:
    • 足立直樹(レスポンスアビリティ)
    • パヴァン・スクデフ氏(Gist Advisory)
    • トム・バーネット氏(Trucost)
    • (逐次通訳付き)

  • 参加費:3,000円(税込)
  • お申込み・お問い合わせ
  • http://www.responseability.jp/pj/nfsem?id=sj からどうぞ。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る