Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】ユニリーバ、性別のステレオタイプを排除する広告キャンペーンを開始 2016/07/11 最新ニュース

unisex

 消費財世界大手ユニリーバは6月23日、自社の広告を用いて男性性と女性性に関するあらゆるステレオタイプを無くすキャンペーン、「#UNSTEREOTYPE」の開始を発表した。同社は、性同一性が日々変化する社会の中で、ポジティブな文化的変化や人々の関係性を良くしていくため、広告表現を改める。ステレオタイプ的な性描写を廃止して、自社の顧客に共感して頂けるような斬新なキャンペーンを行っていく。

役割、人格、容姿

 今回のキャンペーンでは、特に女性の描写に関する改革がなされた。役割、人格、容姿の3つのイメージに対するポジティブな変化を実施。同社の調査によると、この3つイメージを変化させることで、広告のインパクトを大きくできるほか、女性に対する社会の見方にも変化を与えることができると見込む。女性を単なる他者を支える存在と捉えるのではなく、主役としての女性性を強く出していく。

Knorr(クノール)・Axe/Lynx(アックス・リンクス)の戦略

 食品ブランドKnorr(クノール)では、すでに「#LoveAtFirstTaste」というキャンペーンを行い、男性にとっても料理は楽しめるものだというメッセージを発信している。同様に、男性用化粧品ブランドAxe/Lynx(アックス・リンクス)もすでに「Find Your Magic」キャンペーンを開始しており、「猛々しくあるべきだ」という男性性のステレオタイプを打ち破り、顧客から高い評価を得ているという。

 ユニリーバは、ダイバーシティの推進を企業ブランドのコアとして掲げていく考えで、誰もが胸を張って生きていけるよう性のステレオタイプの抑止を広げようとしている。今回のキャンペーンは、広告表現の改革を通じて、さらにメッセージを明確にし、社会全体に影響を与えていきたいという。

【参照ページ】How #UNSTEREOTYPE aims to change the way we see gender
【企業サイト】ユニリーバ

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る