Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】ボーイング、バイオ燃料など新環境技術のR&D計画を発表 2016/07/27 最新ニュース

boeing

 航空機製造世界大手ボーイングは7月7日、同社が2010年から取り組んでいる「エコデモンストレーター・プログラム」の次の計画として、ブラジルの航空機メーカー、エンブラエル社と共同で、環境性能と製品上市を加速させるための新技術開発を進めることを明らかにした。エコデモンストレーター・プログラムは、新たな航空技術を実用化する際に発生するリスクの削減に貢献するもので、米連邦航空局(FAA)、アメリカン航空、日本のIHIなど業界大手企業が参画している。特に、燃費向上、排気ガスや騒音の削減に重点を置いており、各社が開発した新技術を民間航空機に搭載してテストを行っている。

 今回明らかにした計画でテスト中の新技術は複数ある。まず、LIDAR(光検波測距)技術。レーザーを用いて実際の対気速度、進入角度、外気温度などの大気データを計測することで、従来のセンサーを補完し、燃費効率向上と炭素排出量削減を実現させることができる。また、「嫌氷」技術では、特殊な塗料を機体に塗布し、氷結や汚れを防ぐことができる。これにより、機体洗浄のための水使用量を削減できる。さらに、ブラジル産のバイオ燃料を用いたB10燃料(バイオ燃料10%、化石燃料90%)の実用化研究も進める。主翼の形状改良にも取り組み、騒音軽減と燃費改善も探る。

【参照ページ】Boeing, Embraer Unveil Newest ecoDemonstrator Aircraft

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る