Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【ルーマニア】ブカレスト証券取引所、持続可能な証券取引所イニシアチブ(SSE)に加盟 2015/04/22 ESG

shutterstock_140522437

 ルーマニアのブカレスト証券取引所は3月27日、国連の持続可能な取引所イニシアチブ(Sustainable Stock Exchanges Initiative、以下SSE)に加盟すると発表した。SSEへの加盟により、ルーマニアの金融市場におけるサステナビリティ投資、ESG情報開示を促進する。

 ルーマニアはEU市場の中で7番目に多い人口を有しており、GDP成長率も著しく高い。今回のブカレスト証券取引所のSSE加盟により、EUの中で規模が最も大きい10カ国のうち4カ国の証券取引所がSSEに加盟したことになる。現在SSEに加盟しているその他のEUの証券取引所はドイツ証券取引所、ロンドン証券取引所、そしてポーランドのワルシャワ証券取引所の3つだ。

 ブカレスト証券取引所の最高経営責任者を務めるLudwik Sobolewski氏は国連の事務総長を務めるBan Ki-moon氏宛の加盟誓約書の中で「今回のブカレスト証券取引所のSSE加盟は、上場企業だけではなく投資家に対してもサステナブルな環境を作り出すためのコミットメントの表れだ。サステナビリティと資本市場におけるベストプラクティスを共有するグローバルな議論の場としてのSSEに参加できることを大変楽しみにしている」と述べた。

 また、UNCTAD(国連貿易開発会議)で投資・企業担当役員を務めるJames Zhan氏は「EU各国が責任投資、企業の責任を推進する中、証券取引所は公共政策を市場の現実に反映させるための重要なパートナーとなっている。我々はブカレスト証券取引所のSSE参加を歓迎し、共に持続可能な開発のための資本市場の促進に取り組めることを楽しみにしている」と語った。

 SSEは上場企業のESG開示および投資家のサステナビリティ投資を促進するための証券取引所向け国際イニシアチブで、現在世界で19の取引所が加盟している。アジアからはインドのボンベイ証券取引所、タイ証券取引所が加盟しており、アフリカや南米の証券取引所も加盟している。

【企業サイト】Bucharest Stock Exchange
【団体サイト】Sustainable Stock Exchanges Initiative

株式会社QUICK ESG研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る