Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】全米9州の住民投票で大麻が合法化。大麻合法化州が28州に拡大

Facebook Twitter Google+

 全米9州で11月8日、大麻(マリファナ)に使用を合法化する住民投票が行われた。「大麻」とは植物そのものであり、それを乾燥させ、吸引用にしたものをマリファナという。大麻の全面合法化を問うたのが、メーン州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州、ネヴァダ州、アリゾナ州の5州。医療目的での限定的な大麻合法化を問うたのが、アーカンソー州、フロリダ州、モンタナ州、ノースダコタ州の4州。そのうちアリゾナ州を除く8州で、大麻合法化賛成が多数を占め、 [...]

» 続きを読む
2016/12/03 最新ニュース

【ヨーロッパ】プライベート・エクイティ協会、ESGデューデリのための質問表発表

Facebook Twitter Google+

 欧州のプライベート・エクイティ(PE)ファンドマネージャー協会Invest Europeは11月17日、PEファンドマネージャーが投資先企業のESGデューデリジェンスを行う際に活用できる質問表ツールを開発したと発表した。この質問表を活用することで、PEファンドマネージャーや投資先企業は、ESG取組状況の診断ができるという。  ESGデューデリジェンス質問表は、対象企業のオペレーションやサプライチェーン全体について、環境インパクト、健 [...]

» 続きを読む
2016/12/02 ESG 最新ニュース

【EU】欧州議会、企業年金EU指令改正案「IORP II」可決。ESG投資の全面実施を規定

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州議会は11月24日、欧州企業年金(IORP)指令の改正案(IORP II)を賛成512、反対77、棄権40の賛成多数で可決した。IORP IIの目玉は、企業年金運用プロセスにESGを組み入れることを求めた点にある。一方、審議の過程でもうひとつの目玉であった、企業年金商品を提供している保険会社に対して自己資本規制(ソルベンシー2)を課す内容は、保険会社からの反発も強く今回は導入が見送られた。  IORPは、EU市場が統一され [...]

» 続きを読む
2016/12/02 最新ニュース

【人権】第5回国連ビジネスと人権フォーラム(速報)~下田屋毅氏の欧州CSR最新動向~

Facebook Twitter Google+

 本年で第5回目となる国連ビジネスと人権フォーラムが2016 年11月14日~16日までスイス・ジュネーブで開催され参加した。今回は全世界から2,500人が参加登録し、その数は年々増加している。参加者の割合は、政府14%、市民社会・NGO・労働組合30%、企業24%、大学研究者12%などで、男女の内訳は、女性55%、男性45%となっている。日本からは、企業の人権への関心が高くなっていることを表すかのように、国連グローバル・コンパクト・ [...]

» 続きを読む
2016/12/01 体系的に学ぶ

【アメリカ】米国商工会議所財団、2016年度「コーポレート・シチズンシップ・アワード」受賞者発表

Facebook Twitter Google+

 米国商工会議所財団は11月17日、毎年開催している「コーポレート・シチズンシップ・アワード」の今年度の受賞企業を発表した。今年で17回目。授賞式は商工会議所がワシントンDCで開催した「2016年企業市民活動カンファレンス」の最後に行われ、8つのカテゴリにおいて、それぞれ1社が選出された。 「ベスト・コーポレート・スチュワード(大企業の部)」グラクソ・スミスクライン  共有価値を生み出すビジネスモデルを用い科学に基づくヘルスケア企業。 [...]

» 続きを読む
2016/12/01 最新ニュース

【イギリス】ライフサイエンス投資会社BACIT、2件の大型買収を発表。がん研究を加速化

Facebook Twitter Google+

 英国に拠点を置くライフサイエンス分野投資会社BACIT(Battle Against Cancer Investment Trust)は11月7日、同じくライフサイエンス分野投資会社Synconaを買収するとともに、がん研究の独立慈善団体Cancer Research UKが保有するCRT Pioneer Fundの全受益権もしくは過半数受益権を取得することで、それぞれの株主や受益権保有者と合意したことを発表した。BACITは同社の [...]

» 続きを読む
2016/12/01 最新ニュース

【アメリカ】Airbnb本拠地サンフランシスコ市、民泊を大幅に規制する法案可決

Facebook Twitter Google+

 サンフランシスコ市監理委員会は11月15日、民泊などを対象とする短期賃貸物件を規制する法律を6対2(2名欠席)で可決した。部屋、家またはアパート一軒の貸出は年間60日以内に限定される。民泊規制としては全米で一、二を争う厳しい内容。民泊関連の事業を扱う企業に関わりのあるMark Farrell委員は投票しなかった。  サンフランシスコ市政府は、全米の中でも稀な市と郡の権能を兼ねる「市郡(City-county)」制を採用している。その [...]

» 続きを読む
2016/11/30 最新ニュース

【アメリカ】連邦政府の食品ロス50%削減プログラム、ウォルマート、ユニリーバ、ペプシコ等15社参画

Facebook Twitter Google+

 米国農務省(USDA)と環境保護庁(EPA)は11月17日、食品廃棄物および食品ロスを2030年までに50%削減させるプログラム「U.S. Food Loss and Waste 2030 Champions」の第1号参画企業・機関を発表した。第1号に加わったのは、ウォルマート、ユニリーバ、キャンベル・スープ・カンパニー、ペプシコ、ケロッグ、ゼネラル・ミルズ、Ahold USA、Blue Apron、Bon Appétit Mana [...]

» 続きを読む
2016/11/30 最新ニュース

【アメリカ】モルスタとブルームバーグ、ESG投資に対するアセットマネージャー意識調査実施

Facebook Twitter Google+

 金融機関世界大手モルガン・スタンレーのサステナブル投資研究所と金融情報世界大手ブルームバーグは11月17日、アセットマネージャーがESG投資に対してどの程度適応しているのかに関するレポート「Sustainable Signals: The Asset Manager Perspective」を発表した。レポートは米国のアセットマネージャー402人に対するアンケート調査結果を元に作成された。米国ではESG投資への関心が急速に高まってお [...]

» 続きを読む
2016/11/29 最新ニュース

【セミナー参加報告】2016 ビジネスと人権に関する国際会議 in 東京

Facebook Twitter Google+

 2016年9月15日(木)から16日(金)にかけ、経済人コー円卓会議日本委員会(CRT日本委員会)、人権ビジネス研究所(Institute for Human Rights and Business)、およびビジネス・人権資料センター(Business & Human Rights Resource Centre)は、共同で「2016 ビジネスと人権に関する国際会議 in 東京 ~責任あるサプライチェーン~」を開催した。   [...]

» 続きを読む
2016/11/28 ESGコラム
ページ上部へ戻る