【アメリカ】米政府、2018年末のユネスコ脱退を表明。イスラエル政府も脱退検討を発表

Facebook Twitter Google+

 米国務省は10月12日、国連教育科学文化機関(UNESCO)のイリナ・ボコヴァ事務局長に対し、UNESCOからの脱退し、永久にオブザーバーとしての参加に留まることを決めたと通知した。UNESCO憲章に従い、実際の米国脱退が効力を持つのは2018年12月31日。それまで米国はUNESCO加盟国としての権限・責務を果たす予定。  米国務省は、脱退声明の中で今回の決定の背景について、「UNESCO分担金の支払滞納の膨張」「根本的な組織改革 [...]

» 続きを読む
2017/10/15 最新ニュース

【フランス】政府、イスラエル「入植地」の原産地表示を指示。EUガイドラインの初の実施国

Facebook Twitter Google+

 フランス政府は11月24日、昨年11月に欧州委員会が公表したガイドラインに従い、パレスチナにおけるイスラエル入植地(占領地)を原産地とする製品に「入植地産」と表示することを企業に求める見解を発表した。発表はフランス政府のホームページ上で「通知書(advisory notice)」という形でなされており、これが法的義務を持つものなのか、推奨レベルのものなのかははっきり伝えられていない。そのため、現地でも受け止め方に困惑する声が上がって [...]

» 続きを読む
2016/12/20 最新ニュース

【イスラエル】2014年2月28日、スマートシティ構想についてのセッションを開催

Facebook Twitter Google+

国際的にサステナビリティ関連情報を配信しているClean Techは、クリーンテック2014国際セッションを、2014年2月28日にイスラエルのアベニュー・エアポートシティで開催する。テーマは「今後20年間のスマートシティ」。スマートシティとは生活インフラを統合し、より効率的な都市を作り上げる構想だ。議題は都市部のエネルギー効率、データのプライバシー、市内のスマートグリッドなどと多岐に渡る。クリーンテック2014会長Avner Adi [...]

» 続きを読む
2013/12/18 最新ニュース
ページ上部へ戻る