Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【ランキング】2017年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能性のある企業100社」

Facebook Twitter Google+

 毎年恒例の世界経済フォーラム(通称ダボス会議)。2017年は1月17日から20日までスイス・ダボスで開催されました。今年のダボス会議は、中国の国家主席が市場初めて参加する一方、米次期トランプ政権の主要メンバーがほぼ出席しないなど、昨今の政治状況を反映する場ともなりました。ダボス会議のの目玉のひとつは、サステナビリティの観点で世界各国の企業を評価する"Global 100 Most Sustainable Corporations i [...]

» 続きを読む
2017/01/19 体系的に学ぶ

【インタビュー】ファーウェイ Holy Ranaivozanany氏「事業成長を支えるグローバルCSR戦略」

Facebook Twitter Google+

 携帯電話基地局など通信関連機器で世界第2位のシェアを誇り、スマートフォンでは世界第3位のシェアを誇る、中国発のテクノロジー企業があるのをご存じだろうか?それが、今や世界のICT業界を代表する1社となった、ファーウェイ(華為技術有限公司、以下「ファーウェイ」)だ。  中国の深圳に本拠を構えるファーウェイは、1987年の設立以降、積極的な研究開発投資を武器に事業を急拡大させ、現在では世界170以上の国と地域で事業を展開し、160以上の国 [...]

» 続きを読む
2016/02/08 事例を見る

【ランキング】2016年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能性のある企業100社」

Facebook Twitter Google+

※最新年度版は【ランキング】2017年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能性のある企業100社」へ  毎年恒例の世界経済フォーラム(通称ダボス会議)。1月20日から23日までスイス・ダボスで開催され、日本からも大臣が複数名参加しました。同フォーラムのひとつの目玉は、サステナビリティの観点で世界各国の企業を評価する“Global 100 Most Sustainable Corporations in t [...]

» 続きを読む
2016/01/25 体系的に学ぶ

【アメリカ】ペプシコ、サステナビリティ戦略の推進により3億7500万米ドルを削減

Facebook Twitter Google+

 米飲料大手のペプシコは9月24日、水やエネルギーの使用量削減、包装、廃棄物削減などの環境・サステナビリティプログラムを推進した結果、2010年以降で3億7500万米ドルのコスト削減を実現したと発表した。ペプシコは同期間中に売上高および営業利益も10%以上成長させており、サステナビリティへの投資が事業と社会の双方に利益をもたらしていることを示した形だ。  ペプシコによると、同社は2006年から生産単位あたりの水使用量を23%削減してお [...]

» 続きを読む
2015/10/20 最新ニュース

【アメリカ】小売業界団体のRILA、2015年度版のサステナビリティレポートを公表

Facebook Twitter Google+

 年間総売上1.5兆米ドルに相当する200以上の小売企業やメーカー、サプライヤーからなる世界最大の小売業界団体、Retail Industry Leaders Association(RILA)は9月16日、今年で3度目"2015 Retail Sustainability Management Report(2015年度小売業界サステナビリティレポート)"を公表した。同レポートは小売企業らが展開しているサステナビリティプログラムの注 [...]

» 続きを読む
2015/10/05 最新ニュース

【アメリカ】コカ・コーラ、水の還元目標100%達成に向けて順調に進捗。2015年末までに実現へ

Facebook Twitter Google+

 米飲料大手のコカ・コーラおよびボトリングパートナー各社(以下、コカ・コーラシステム)は8月25日、同社が2007年に設定した2020年までに「ウォーター・ニュートラリティ(製品に使用した量と同量の水を自然に還元すること)」を実現するという目標を2015年末までに達成できる見込みだと発表した。今日までに行われてきた世界各地の水還元プロジェクトの成果に基づくと、2014年の販売量をベースとした最終飲料製品の水使用量の約94%に相当する量 [...]

» 続きを読む
2015/09/15 最新ニュース

【食品・消費財】組織変革に寄与するサステナビリティ 〜ユニリーバに学ぶ長期成長戦略とは〜

Facebook Twitter Google+

 オランダのマーガリンメーカーのマーガリン・ユニ社とイギリスの石鹸メーカーのリーバ・ブラザーズ社が経営統合し、設立されたユニリーバ社。現在は業界だけでなく世界を代表する企業の一社となるまで成長し、ブランド力はもちろんのこと、サステナビリティの観点でも世界をリードする企業となっています。今回はそんな同社がサステナビリティ活動を核とした経営の実施にいたった背景や、実際の活動内容、そしてその効果に迫ります。 サステナビリティに仇なす存在と考 [...]

» 続きを読む
2015/07/29 事例を見る

【食品・消費財】コカ・コーラ社に学ぶ経営戦略とサステナビリティの統合

Facebook Twitter Google+

 1886年5月アメリカ・ジョージア州アトランタの薬剤師ジョン・S・ペンバートン博士の薬品や飲みものを研究に端を発し、現在ではソフトドリンクメーカーとして世界的に圧倒的な知名度を誇るコカ・コーラ社。2014年末には世界での売上が65億1000万ユーロに達し、13万人近くの従業員を抱える企業へと成長を遂げました。また、同社はそのブランド力だけでなく、サステナビリティの分野においても先進企業として名を轟かせています。今回は同社におけるサス [...]

» 続きを読む
2015/07/01 事例を見る

【国際】サステナビリティ・リーダーに最も必要なのは「価値基準」

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティリサーチGlobeScanおよびサステナビリティコンサルティングのSustainAbilityは5月28日、企業、NGO、政府の各分野においてサステナビリティ・リーダーと認識されている組織について分析した調査報告書"The full 2015 Sustainability Leaders report"を公表した。世界82ヶ国、800名以上のサステナビリティ専門家らに対するアンケートに基づく調査結果によると、企業がサ [...]

» 続きを読む
2015/06/21 最新ニュース

【ランキング】BrandZ「最も価値のあるグローバルブランド トップ100」に学ぶ業界別の代表的サステナビリティ

Facebook Twitter Google+

 市場において競争に勝ち抜いていくための競争。マーケティングの権威と言われるマイケル・ポーター・ハーバードビジネススクール教授は、競争戦略の基本として、コストリーダーシップと差別化を提唱し、その概念は今や広くビジネス界に浸透しています。差別化とは、提供する財・サービスを他社のそれとにはない「付加価値」をつけるということ。企業が多種多様な「付加価値」を提供することで競争力を獲得しようとしています。この「付加価値」のあり方は様々です。価格 [...]

» 続きを読む
2015/06/18 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る