【国際】ダイバーシティ企業ランキング「D&Iインデックス2018」。日本企業4社ランクイン

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手米トムソン・ロイターは9月6日、ダイバーシティ・インクルージョン評価の高い世界の上場企業100社を選出したランキング「Diversity & Inclusion(D&I)Index 2018」を発表した。調査対象は、同社がESGデータを保有する世界の上場企業7,000社超。ダイバーシティは従業員などの多様性を意味し、インクルージョンは日本語では「社会的包摂」とも訳されるがこれまで社会的に受入れられてこなかった人々を企 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Uber、従業員のセクハラ・差別集団訴訟で約8億円の和解金支払い合意へ

Facebook Twitter Google+

 タクシー配車アプリ世界大手米ウーバー(Uber)は、米国でのセクシャルハラスメント・差別集団訴訟において、セクハラ被害を訴えている56人の従業員及び元従業員に対し合計190万米ドル(約2.1億円)、一人当たり33,928.57米ドル(約380万円)を支払う和解に達する見込み。また差別被害を訴えている従業員及び元従業員485人には、一人当たり約11,000米ドル(約120万円)を支払う。8月20日に原告側弁護士の裁判提出書類の中で明ら [...]

» 続きを読む

【国際】IOC、コミッショナーの女性比率が17%から43%に大きく向上。ジェンダー平等推進

Facebook Twitter Google+

 国際オリンピック委員会(IOC)は8月8日、2018年度のIOCコミッショナーの男女比率を発表し、女性比率が2017年の16.8%から、42.7%に向上したと発表した。IOCは、ジェンダー平等への取組の一環としている。また、アフリカとオセアニアからのコミッショナー数も増加した。  IOCのバッハ会長は、今後もオリンピック・ムーブメントの各レベルにおいて女性参加と地理的代表性を向上させていくと表明した。 【参照ページ】IOC COMM [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、「LGBTアクションプラン」発表。インターネット調査を基に対策打ち出す

Facebook Twitter Google+

 英ペニー・モーダント国際開発相兼女性・機会均等担当相は7月3日、英国内のLGBTの人びとの生活向上に向けた「LGBTアクションプラン」を発表した。同プランは、英国に住むLGBTが置かれている状況を把握する目的で、2017年7月23日から10月15日までの12週間にわたり、インターネットを通じて実施されたアンケート調査の結果を基に作成された。同調査は、LGBTの人々を対象とした全国調査として世界最大の規模だという。  調査の実施に当た [...]

» 続きを読む

【アメリカ】PE業界団体NAIC、ダイバーシティ差別表現で業界誌とCalSTRSに抗議

Facebook Twitter Google+

 米プライベートエクイティ・ヘッジファンド業界団体National Association of Investment Companies(NAIC)は6月7日、業界誌「Chief Investment Officer」に対し、差別的な記事を掲載したとする抗議声明を出した。女性や非白人が経営する運用会社を差別的に扱ったという。  事の発端は、同誌が4月3日に掲載した記事「CalSTRS Vexed over Plan Aimed to [...]

» 続きを読む

【日本】経済産業省、「ダイバーシティ2.0行動ガイドライン」を改訂。取締役会ダイバーシティ盛り込む

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は6月8日、企業のダイバーシティに関し取り組むべきアクションをまとめた「ダイバーシティ2.0行動ガイドライン」を改訂した。取締役会の性別及び国際人材ダイバーシティと、投資家等の資本市場や労働市場に向けた情報開示に関する内容を盛り込んだ。  「ダイバーシティ2.0行動ガイドライン」は2017年3月に策定。その後、経済産業省は、2018年4月から「競争戦略としてのダイバーシティ経営(ダイバーシティ2.0)の在り方に関する検討会 [...]

» 続きを読む

【イギリス】PwC UK、シニアレベルの人材採用で必ず女性候補者も検討する社内規定導入

Facebook Twitter Google+

   英監査法人大手PwC UKは6月4日、シニアレベルの人材採用に当たり、男性候補のみが占めるリストを作成することを禁止した。すなわち採用時には必ず女性も候補者に入れるとする社内規定を定めた。英紙デイリー・メールが報じた。  同社は英国法の義務により今年春に公表した男女賃金格差レポートで男性が女性より43.8%も給与が高かったと発表しており、女性幹部の採用を増やすことで是正を図る考え。  男性候補者のみの採用リストの禁止は、四大監査 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アマゾン、取締役会指名委員会に女性と人種マイノリティの取締役1名以上任命

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アマゾンは5月15日、取締役ダイバーシティに関する新たなポリシーを発表した。指名委員会に女性及び人種マイノリティの取締役を1名以上任命する。現在同社の取締役は10名全員が白人。そのうち3名が女性。  同提案は、同社の株主のMaster Trust of the Service Employees International UnionとCtW Investment Groupが4月27日に発表したもの。  

» 続きを読む

【アメリカ】DiversityInc、2018年ダイバーシティランキング「Top 50 Companies For Diversity」発表

Facebook Twitter Google+

 米ダイバーシティ推進DiversityIncは5月3日、米国大企業を対象としたダイバーシティ・ランキング「Top 50 Companies For Diversity」の2018年結果を発表した。トップ5は、ジョンソン・エンド・ジョンソン、マリオット・インターナショナル、AT&T、マスタカード、ADPの順。  DiversityIncは1998年創業。2001年から同ランキングを発表し、今年で18回目。ランキング対象は、米国で1,0 [...]

» 続きを読む

【イギリス】運用大手リーガル&ゼネラル、投資先企業にダイバーシティと気候変動対応要求

Facebook Twitter Google+

 保険世界大手英リーガル&ジェネラルの運用子会社リーガル&ゼネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)は4月17日、2018年の株主総会シーズンを前に、投資先企業に書簡を送付。今年の株主総会で気候変動対応とダイバーシティ確保を求めると通知した。LGIMの運用資産総額は約1兆ポンド(約150兆円)。  LGIMは、ESGを考慮した経営は大きなトレンドとなっているものの、気候変動対応、ダイバーシティの確保、長期的な経営戦略策定で企 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る