Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【イギリス】食のサステナビリティを実現する鍵はデータテクノロジーと消費者意識。WRAP調査

Facebook Twitter Google+

 持続可能な資源活用を推進する英国のNGO、WRAPは、11月5日、英国の食料システムが抱える課題と可能性についてまとめた報告書、"Food Futures: from business as usual to business unusual"を公表した。今後10年間でリスクが想定される生産から販売、消費に至るまでの一連の食料システムにおける15のトピックを取り上げて、課題を解決するための新たなアプローチを提言し、産業界や政府による [...]

» 続きを読む
2015/11/23 最新ニュース

【アメリカ】AT&TとIBMら、IoTを活用して水のサステナビリティを向上

Facebook Twitter Google+

 近年では世界各地で水問題が深刻化している。干ばつによる水不足や水インフラの劣化など課題は山積しているが、一方で世界の都市の多くでは水道関連の設備投資は限られており、問題が未解決のまま横たわっているのが現状だ。  この水にまつわるサステナビリティ課題を解決するべく、米通信大手のAT&T、IBM、そして米インフラ大手のMueller Water Products(MWP)が、IoT(Internet of Things:モノのインターネ [...]

» 続きを読む
2015/07/09 最新ニュース

【国際】GRI、ステークホルダーごとのサステナビリティデータ活用方法を公表

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIと国際NGOのオックスファム・オランダは6月9日、多様なステークホルダーごとのサステナビリティデータの活用状況についてまとめた報告書"Informing decisions, driving change"を公表した。同報告書では、市民団体、投資家・情報ベンダー、企業、政府・規制機関、メディアという各ステークホルダーがサステナビリティデータをどのように活用し、どのように成果を上げて [...]

» 続きを読む
2015/07/07 最新ニュース

【国際】GRI、次世代のサステナビリティ報告を形作る新戦略を公表

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIは6月9日、サステナビリティ報告を次世代の形へと進化させるために、今後5年間で同団体の活動範囲を拡大していく計画を明らかにした。GRIは新計画の中で戦略的な優先分野として下記4つの領域を挙げており、持続可能な経済の実現に向けて企業の意思決定を支援していくとしている。 Enabling Smart Policy(優れた方針を可能に) More Reporters and Better [...]

» 続きを読む
2015/07/05 最新ニュース

【国際】2025年のサステナビリティ報告はリアルタイム情報開示へ。GRIが予測

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIは5月29日、今から10年後となる2025年のサステナビリティ報告のトレンドについてまとめたリサーチペーパー、"Sustainability and Reporting Trends in 2025 –Preparing for the Future"を公表した。  GRIの分析によると、将来は新たなデータ技術の進歩により報告の透明性は大幅に向上し、報告は完全にデジタル化され、年次 [...]

» 続きを読む
2015/06/25 最新ニュース

【アメリカ】ビッグデータ分析によりリアルタイムでESG情報を提供するツールが登場

Facebook Twitter Google+

 企業のサステナビリティ・ESGデータに関する需要が高まりを見せる中、米国サンフランシスコに本拠を置くTruValue Labs社は先月、Insight360という画期的なオンライン分析プラットフォームを発表した。同ツールにより、投資家は企業のサステナビリティ、ESGに関するビッグデータをリアルタイムで入手可能になる。  Insight360は、自然言語処理(NLP)および機械学習を使用したコグニティブ・コンピューティング(コンピュー [...]

» 続きを読む
2015/06/22 最新ニュース

【アメリカ】JPモルガン、公益のためにビッグデータを活用するシンクタンクを設立

Facebook Twitter Google+

 米金融大手のJPモルガン・チェース(以下、JPモルガン)は5月21日、自社のビッグデータを公益のために分析、活用するためのグローバルシンクタンク、JPモルガン・チェース・インスティチュートをワシントンDCに設立したと発表した。同シンクタンクはJPモルガンの保有する膨大なデータを活用し、グローバルな経済課題に対応していく上で必要となる知見を提供していくことを目的としている。  設立のタイミングに合わせ、JPモルガンが所有するデータを用 [...]

» 続きを読む
2015/06/14 最新ニュース

【国際】2020年のレピュテーション・マネジメントを形作る10のトレンド

Facebook Twitter Google+

 ソーシャルメディアの普及などに伴い消費者と企業の関係が変わりつつある中、全ての企業にとってレピュテーション・マネジメントの重要性はますます高まりつつある。そして、それはビッグデータをはじめとするテクノロジーの進化により今後5年間で更に大きく形を変えていきそうだ。企業のレピュテーション・マネジメントのコンサルティングを手がけるReputation Institute社(以下、RI社)は5月21日、2020年のレピュテーション・マネジメ [...]

» 続きを読む
2015/06/11 最新ニュース

【デンマーク】コペンハーゲン、ビッグデータを活用してサステナブルな都市へ。日立コンサルティングが支援

Facebook Twitter Google+

 サステナブルなスマートシティの実現に向け、デンマークの首都コペンハーゲンでビッグデータを活用した官民共同の壮大なプロジェクトが始まった。  グローバルITコンサルティングの日立コンサルティングは3月10日、コペンハーゲン市のスマートシティ構想の核となる、ビッグデータプラットフォーム構築プロジェクトの事業パートナーに選定されたと発表した。コペンハーゲンはWorld Smart Cities Awards 2014にも選出されるなど、世 [...]

» 続きを読む
2015/04/15 最新ニュース

【アメリカ】GE、ビッグデータを活用して顧客に対して年間7000万米ドルのコスト削減を実現

Facebook Twitter Google+

 ビッグデータの活用は、コスト削減とサステナビリティを同時に実現する大きな可能性を秘めている。この分野で先進的な成果を挙げているのが、ゼネラル・エレクトリック(以下、GE)だ。GEのMonitoring & Diagnostics Center(以下M&D)では、毎日1,500以上のガスタービンや電力生成装置から30,000時間分以上のデータを収集し、40テラバイト、1億時間以上に相当するデータベースを構築している。GEはこのビッグデ [...]

» 続きを読む
2015/04/13 最新ニュース
ページ上部へ戻る