【インタビュー】レスポンスアビリティ足立氏「今、アジアで話し合われていること」

Facebook Twitter Google+

 今年の10月、マレーシアの首都クアラルンプールにおいてCSR・サステナビリティに関するグローバルカンファレンスが2つ開催されました。一つは10月7日~8日にかけて行われた「CSR Asia Summit 2015」、もう一つは10月12日~13日にかけて行われた「Sustainable Brands 2015 Kuala Lumpur」です。  最近ではアジアで大規模なCSRカンファレンスが開催されるケースが増えてきており、世界全体 [...]

» 続きを読む
2015/11/16 事例を見る

【アジア】マーシーコーとロックフェラー財団、都市の気候変動レジリエンスを高めるアジア地域ネットワークを設立へ

Facebook Twitter Google+

 ロックフェラー財団が展開する気候変動対策イニシアチブのACCCRN(Asian Cities Climate Change Resilience Network:アジア都市気候変動レジリエンスネットワーク)は2月12日、国際人道支援NGOのマーシーコー(Mercy Corp)と共に、ACCCRNの延長として新たに会員ベースの地域ネットワークを設立すると発表した。今後はマーシーコーが中心となり、気候変動問題に取り組む国家、地域、ローカ [...]

» 続きを読む
2015/03/23 最新ニュース

【国際】産業界、サステナビリティ課題に関わる機会の創出に自信

Facebook Twitter Google+

世界の産業界は水不足や化石燃料依存といったサステナビリティ課題を新たなビジネス機会に変える強い自信を持っており、特にその傾向は新興国市場の製造業、金融業界で強い。 これは、DNV GL、国連グローバルコンパクト、北欧最大のイノベーションシンクタンクMonday Morning Global Instituteが共同で1月20日に公表したレポート、”Global Opportunity Report”の中で明らかにされた傾向の一つだ。 [...]

» 続きを読む
2015/02/24 最新ニュース

【1/22 東京・セミナー】東洋経済CSR新春特別セミナー「しなやかな強さを持つレジリエント・カンパニー」を開催!

Facebook Twitter Google+

東洋経済新報社は、CSRの各テーマを参加者と共に考えていく「東洋経済CSRセミナー」を4月から定期的に開催しています。今回は2015年にCSRでも注目を集めると予想される「レジリエンス」に関する新春特別セミナーを企画しました。 2015年、ビジネス界の最もホットなキーワードの一つは「レジリエンス」です。回復力、適応力、しなやかさを意味するこの言葉は、昨今、企業の組織論においても注目されています。単なる「危機管理の手法」を超え、時代の変 [...]

» 続きを読む
2015/01/05 行動する

トランジション・イニシアチブ(Transition Initiative)

Facebook Twitter Google+

トランジション・イニシアチブとは?  トランジション・イニシアチブとは、ピークオイルと気候変動という危機に対して、市民の創意と工夫、および地域の資源を最大限に活用しながら脱石油型社会へ移行(Trasition)し[1]、レジリエンスのあるコミュニティの構築を目指す[2]運動のことを指します。地球規模で考え、ローカルに行動することを原則に、欧州やアメリカを中心とした1,107を超える運動が43の国と地域で実践されています[3]。 概要 [...]

» 続きを読む
2014/12/21 辞書
ページ上部へ戻る