【デンマーク】国営DONG Energy、エルステッドに社名変更。石油ガス事業の全売却完了

Facebook Twitter Google+

 デンマークの国営電力会社DONG Energyは10月2日、社名を「Ørsted(エルステッド)」に変更すると発表した。株主の承認を得るため、10月30日に臨時株主総会を開催する。  社名変更の背景には、同社の事業ポートフォリオの大幅な変更がある。現社名「Dong」は、Danish Oil and Natural Gas(デンマーク石油・天然ガス)の頭文字を取り命名されたが、同社は過去十数年、再生可能エネルギーの分野に大幅に投資する [...]

» 続きを読む
2017/10/16 最新ニュース

【アメリカ】トヨタ・モーター・ノース・アメリカ、テキサス州の新社屋がLEEDプラチナ取得

Facebook Twitter Google+

 トヨタ自動車の北米全体の渉外・広報・調査活動統括会社、トヨタ・モーター・ノース・アメリカ(TMA)は9月22日、テキサス州ダラス北部のプレイノに建設された新本社社屋が米国グリーンビルディング協会(USGBC)の建築物環境性能評価制度「LEED」から、最高位の「プラチナ」認証を取得したことを発表した。  トヨタ自動車は2014年4月、北米の製造、販売、金融等の本社機能をテキサス州ダラス北部のプレイノに移転・一元化すると発表。同社の北米 [...]

» 続きを読む
2017/10/08 最新ニュース

【アメリカ】モルガン・スタンレー、2022年までに世界規模でカーボンニュートラル実現

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手米モルガン・スタンレーは9月20日、世界全体での事業運営を2022年までにカーボンニュートラルにする目標を掲げた。そのため2022年までに、二酸化炭素排出量を2002年比で20%削減するとともに、事業運営の再生可能エネルギー割合を100%にする。同社は同時に、再生可能エネルギー100%での事業運営を掲げる「RE100」にも加盟したと発表した。同社は世界42ヶ所にオフィスを有している。  同社は2006年から二酸化炭素排出 [...]

» 続きを読む
2017/10/07 最新ニュース

【フランス】エビアン、カーボンニュートラルを実現する新工場完成。リサイクル率も改善

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手仏ダノンのミネラルウォーター・ブランド「エビアン」は9月12日、生産工場の二酸化炭素純排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を実現するため、仏エヴィアン=レ=バン近郊のピュブリエに建設していた新工場が完成したと発表した。同工場は国際環境NGOカーボントラストから、カーボンニュートラルの認定を受けた。さらにエビアンは2020年までに同工場に追加投資を行い、世界で販売されている全てのエビアン商品を製造するため、品質、生産性、サス [...]

» 続きを読む
2017/09/29 最新ニュース

【アメリカ】再エネシフトの最大要因はコスト削減。米エネルギーメディア調査

Facebook Twitter Google+

 米エネルギー関連メディアSmart Energy Decisionsは9月13日、全米94社(そのうちフォーチュン500採用企業40社以上)の役員を対象に実施した再生可能エネルギー利用に関する調査結果「Post-Paris: the State of Corporate Renewable Energy Sourcing」を発表した。米国企業が再生可能エネルギー利用にシフトする最大の理由は、コスト削減だということがわかった。  同調 [...]

» 続きを読む
2017/09/28 最新ニュース

【サウジアラビア】米認証機関UL、サウジアラビアのGCC Labと合弁会社設立。中東での事業拡大狙う

Facebook Twitter Google+

 UL認証で知られる米認証機関UL(Underwriters Laboratories)は9月7日、サウジアラビアの電気機器認証会社GCC Labと合弁で、湾岸諸国の再生可能エネルギー推進のため合弁企業を設立すると発表した。GCC labは、サウジアラビアを含めた湾岸諸国政府も出資する株式会社で、電子機器の検査、認証サービスを提供している。  新会社は、サウジアラビアのダンマームに本社を置き、エジプトを含めた中東諸国で事業を展開する。 [...]

» 続きを読む
2017/09/25 最新ニュース

【アメリカ】シスコ、CO2排出量を2022年までに2007年比60%削減。再エネ率85%へ

Facebook Twitter Google+

 通信機器世界大手シスコは9月6日、二酸化炭素排出量の新たな削減目標を発表した。2022年までにスコープ1、スコープ2で2007年比60%削減。さらに2022年までに、世界全体の事業利用電力のうち85%を再生可能エネルギーに高める。  同社は目標達成のため、今後5年で4,500万ドルをエネルギー効率向上と再生可能エネルギー分野に投資していく。具体的には、同社事業所300ヶ所以上で省エネプロジェクトや再生可能エネルギー発電を実施してくと [...]

» 続きを読む
2017/09/25 最新ニュース

【アルゼンチン】政府、今後3年間で60億米ドル規模の再生可能エネルギー投資計画を検討。容量4GW

Facebook Twitter Google+

 アルゼンチン政府は9月1日、今後3年間で60億米ドル規模の再生可能エネルギー投資計画を検討していることを明らかにした。実現すると4GWの発電設備容量が増加する。これにより、大規模電力需要家は再生可能エネルギー発電者と直接PPA(電力購入契約)を締結する機会が生まれる。  アルゼンチン政府は近年、再生可能エネルギーの導入に力を入れており、投資ブームに沸いている。2015年に制定、2016年に施行された法律では、アルゼンチンは、エネルギ [...]

» 続きを読む
2017/09/21 最新ニュース

【イギリス】豪マッコーリー、英国政府系再エネ投資銀行「グリーン投資銀行」の買収を完了

Facebook Twitter Google+

 豪投資銀行大手マッコーリー・グループは8月18日、英国政府系銀行のグリーン投資銀行(GIB)の買収を完了したと発表した。グリーン投資銀行は、英国政府が再生可能エネルギーへの投資促進を目的として2012年12月に設置した銀行。マッコーリー・グループは今年4月20日、グリーン投資銀行の株主である英国政府から同銀行を買収したと発表していた。買収額は23億ポンド(約3,220億円)。英国政府は今回の売却により、1.86億ポンド(約260億円 [...]

» 続きを読む
2017/09/01 最新ニュース

【オランダ】スキポール空港やロッテルダム空港、2018年から100%再生可能エネルギーで事業運営

Facebook Twitter Google+

 オランダの主要国際空港ロイヤル・スキポール空港を運営するロイヤル・スキポール・グループは8月15日、2018年1月1日以降、事業運営に必要な電力を全て再生可能エネルギーで調達すると発表した。再生可能エネルギー大手Enecoがオランダ国内に開発中の風力発電所から電力を調達する契約を締結した。  ロイヤル・スキポール・グループの株主構成は、オランダ財務省が69.77%、アムステルダム市が20.03%、ロッテルダム市が2.2%、パリの主要 [...]

» 続きを読む
2017/08/31 最新ニュース
ページ上部へ戻る