【EU】欧州委員会、新型車両検査で「型式認証」制度の導入を予告。成立すれば2020年9月1日から

Facebook Twitter Google+

 EUで新型車両の安全・環境試験制度に関する新ルールが、2020年9月1日から導入される見込みだ。フォルクスワーゲンの排ガス不正事件を機に着手した案件がついに着地しそうな状況にある。新ルール導入が成立すれば、車両検査では「型式認証」制度が導入される。  新ルールの主な内容は、安全・環境技術要件の検査基準を第三者機関が策定、保証する「型式認証」制度が導入され、各EU加盟国が指定する車両検査事業者には、当該第三者機関による定期的な独立監査 [...]

» 続きを読む

【国際】EIBやWWF等、海洋保護のためのブルーファイナンス原則発足。署名機関募る

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会、欧州投資銀行(EIB)、世界自然保護基金(WWF)、英チャールズ皇太子のInternational Sustainability Unit(PUFISU)は3月8日、持続可能な海洋経済のための金融原則「Sustainable Blue Economy Finance Principles(ブルーファイナンス原則)」を発足した。同原則は2017年5月策定作業に着手。すでに、世界銀行、国連持続可能な保険原則(PSI)、英Av [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委、サステナブル・ファイナンス・アクションプラン発表。金融・企業報告のEU法改正も視野

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は3月8日、サステナブル・ファイナンスに関する新たなアクションプランを発表した。同分野では1月30日、欧州委員会が設置した「持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ(HLEG)」が最終報告書を公表しており、今回のアクションプランはそれを受けたもの。HLEG報告書からわずか1ヶ月強というスピード対応で、アクションプラン発表を実現した。 【参考】【EU】持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ(HLEG)、最終 [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】欧州サッカー連盟と欧州委員会、UEFA EURO 2020のサステナビリティ向上で協働

Facebook Twitter Google+

 UEFA(欧州サッカー連盟)と欧州委員会は2月21日、健全なサッカー文化の構築で引き続き協働することで合意した。2020年開催のUEFA EURO 2020(欧州選手権)含む様々な分野で協働する。  合意では、ガバナンス、団結、誠実さ(Integrity)、公正な競争、持続可能なイベント運営等多岐に渡る。環境面では、大会運営でのリサイクル、環境イノベーション、廃棄物管理、資源の有効利用、環境負荷の軽減等を盛り込んだ。また、大会運営に [...]

» 続きを読む

【EU】社会インフラ投資の需給ギャップが年間20兆ユーロ。ハイレベル専門家会合報告書

Facebook Twitter Google+

 ELTI(European Long-Term Investors Association)の「欧州での社会インフラ投資に関するハイレベル・タスクフォース(HLTF)」とEU欧州委員会経済・金融総局は1月23日、EU域内の社会インフラ投資促進に向けた最終報告書「Boosting Investment in Social Infrastructure in Europe」を公表した。ELTIは、欧州委員会、欧州投資銀行(EIB)、欧州 [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委員会、欧州委員の行動規範を改定。退任後のロビー活動禁止期間延長や利益相反防止強化

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は1月31日、欧州委員に適用される新行動規範(Code of Conduct)を公式に採択し、同日施行された。欧州議会も事前に了承した。行動規範の制定については、現ジャン=クロード・ユンケル委員長が公約に掲げていた。  同行動規範では、退任後の欧州委員に適用される行動制約期間が延長された。現在、退任後の欧州委員には18ヶ月間の「クーリングオフ」期間が設けられ、その間はロビー活動が禁止されるとともに、新たな仕事に就く場合は欧 [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委員会、医療技術評価の共通化でEU規則案作成。今後、欧州議会・EU理事会で審議

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は1月31日、医療技術評価(HTA)に関するEU加盟国間の協調を促すEU規則案を採択(閣議決定に相当)した。医薬品や医療技術の臨床試験手法の共通化を目指す。同規則案は今後、欧州議会(下院に相当)とEU理事会(上院に相当)での審議に移る。  同規則案は、EU市民に迅速に最先端に医療技術を利用可能できるようにするとともに、医療業界にとっての予見可能性を高める目的がある。医療技術評価は、医療観点だけでなく、社会、経済、倫理等多角 [...]

» 続きを読む

【EU】持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ(HLEG)、最終報告書発表

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会が2016年10月設置した「持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ(HLEG)」は1月30日、EUのサステナブル・ファイナンスの促進に向けた最終報告書「Sustainable Finance Interim Final Report」を発表した。報告書には、EUのサステナブル・ファイナンスの現状分析と欧州委員会に対する提言が記載されている。HLEGは、2017年7月に中間報告書を発表していた。欧州委員会は同報告書 [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委員会、プラスチックごみ削減の政策大綱発表。2030年までに全プラスチックごみをリサイクル

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は1月16日、プラスチックごみに対処するための新たな政策大綱を発表した。2030年までに全てのプラスチックごみをリサイクルする状態を目指す。現状では、プラスチックごみは年間2,500万t発生し、30%しかリサイクルされていない。プラスチックごみの60%を占めるプラスチック・パッケージの使い捨てを減らすことや、マイクロビーズの使用禁止も模索する。  政策骨子は、「リサイクルビジネスの収益性向上」「プラスチックごみの削減」「プ [...]

» 続きを読む

【EU】欧州委のSDGsハイレベル検討会議、優先事項で合意。資金導入や進捗報告の手法等

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会の国連持続可能な開発目標(SDGs)検討会議「SDGsに関するハイレベル・マルチステークホルダー・プラットフォーム」は1月10日、初会会合を開催。EUとして取り組む優先事項として、SDGsへの長期的な資金動員手法や進捗報告手法等を進めることで合意した。  同プラットフォームは、政府、企業、NGO、国際機関等幅広い声を反映し、EUとしてSDGs達成に向け取り組む事項を検討するため設置された。議長は、フランス・ティマーマンス欧 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る