Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【ヨーロッパ】 欧州委「持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ」委員を決定

Facebook Twitter Google+

 EUの行政執行機関である欧州委員会は12月22日、「持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ(HLEG)」の委員を公表した。HLEGは10月28日に欧州委員会が組成を発表しており、委員の公募を行っていた。同グループは、パリ協定や国連持続可能な開発目標(SDGs)といった国際的な動きを念頭に置き、気候変動、環境悪化、その他サステナビリティ関連課題に金融分野が貢献するためのEU政策を検討していく。2017年1月に最初の会議を実施 [...]

» 続きを読む
2017/01/09 最新ニュース

【フランス】政府、イスラエル「入植地」の原産地表示を指示。EUガイドラインの初の実施国

Facebook Twitter Google+

 フランス政府は11月24日、昨年11月に欧州委員会が公表したガイドラインに従い、パレスチナにおけるイスラエル入植地(占領地)を原産地とする製品に「入植地産」と表示することを企業に求める見解を発表した。発表はフランス政府のホームページ上で「通知書(advisory notice)」という形でなされており、これが法的義務を持つものなのか、推奨レベルのものなのかははっきり伝えられていない。そのため、現地でも受け止め方に困惑する声が上がって [...]

» 続きを読む
2016/12/20 最新ニュース

【EU】欧州委、エネルギー政策パッケージ発表。再エネの大規模推進とともに容量メカニズムを問題視

Facebook Twitter Google+

 EUの欧州委員会は11月30日、気候変動と再生可能エネルギー分野での今後の政策案をまとめた包括的政策パッケージ「Clean Energy For All Europeans package」を発表した。パッケージでは、2030年までに二酸化炭素排出量料を1990年比で40%削減することをあらためて確認。これを達成するため、再生可能エネルギーの発展やEU加盟国のエネルギー政策を徹底することなどを含む大きく踏み込んだ政策案を提示した。と [...]

» 続きを読む
2016/12/19 最新ニュース

【EU】欧州委、商品取引の投機を規制するEU規則案を採択。トレーダーと事業会社双方の取引量に上限設定

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は12月1日、農作物やその他主なコモディティ商品への投機を制限するためのEU規則案を採択した。欧州委員会は、コモディティ商品への投機により、コモディティ価格が不安定化し、食糧の安定的な供給が妨げられることを危惧しており、EU規則への制定に着手していた。  今回まとめられたEU規則案は2つの分野で構成されている。1つ目は、2014年6月に制定された第2次金融商品市場指令(MiFID II)の施行ルールとして整備されるもので、 [...]

» 続きを読む
2016/12/15 最新ニュース

【EU】欧州委、EU理事会、欧州議会。紛争鉱物規制のためEU法整備で合意

Facebook Twitter Google+

 EUを構成するEU理事会、欧州議会、欧州委員会の3者は11月22日、紛争鉱物を規制するEU法を制定していくことで合意に達した。紛争鉱物の分野では、米国のドッド・フランク法や、OECD(経済協力開発機構)の「紛争鉱物ガイドライン」が有名だが、今回EUとしても紛争鉱物規制を法整備していくことが明らかとなった。今後、EU理事会および欧州議会でのEU法立法手続きに入る。順調に立法化が進めば、2021年1月1日から新規制が開始される。  米国 [...]

» 続きを読む
2016/12/08 最新ニュース

【EU】欧州委、EU域内の環境・気候変動分野のプロジェクト案件に2.3億ユーロの助成を発表

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は11月3日、EU加盟国内で実施される予定の環境・低炭素化事業144案件に対し、EU予算から2億2,270万ユーロ(約261億円)を助成する計画を承認したことを発表した。144案件の総プロジェクト予算は3億9,860万ユーロ(約469億円)で、そのうち55.9%がEU予算によって賄われる計算となる。  今回の助成は、EUが推進する「LIFEプログラム」を通じて行われる。LIFEプログラムは1992年に開始して以来、現在まで [...]

» 続きを読む
2016/11/23 最新ニュース

【EU】欧州委、持続可能な金融分野で諮問機関グループ設置を発表。NGOにも参加を要請

Facebook Twitter Google+

EUの政策執行機関である欧州委員会は10月28日、同委員会が推進する「Capital Markets Union(資本市場同盟)」プログラムの一環として、持続可能な金融(Sustainable Finance)分野の諮問機関「持続可能な金融についてのハイレベル専門家グループ(HLEG)」を設置する欧州委員会決定(Comission Decision)を発表した。EUは現在、2019年までにEU域内の金融市場を統合していく「資本市場同盟 [...]

» 続きを読む
2016/11/17 最新ニュース

【ヨーロッパ】欧州議会、環境リスクを年金運用に組み込む指令案を可決。2.5兆ユーロに影響か

Facebook Twitter Google+

 欧州議会の経済・金融委員会は1月25日、汎欧州年金基金指令の改訂において、環境リスクを職域年金制度の投資運用プロセスに組み入れるという条項を含める案を可決した。これにより、Institutions for Occupational Retirement Provision(IORP)として知られている該当指令が効力を持つ数兆ユーロ規模の資産運用に適応される見込みだ。  IORPはもともと2003年に年金基金運用における国境を越えた投 [...]

» 続きを読む
2016/02/22 ESG 最新ニュース

【ヨーロッパ】欧州委員会、EUの新サステナビリティ戦略「サーキュラー・エコノミー・パッケージ」を採択

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は12月2日、サーキュラー・エコノミー(循環型経済)の実現に向けたEU共通の枠組み構築を目的とする新提案「サーキュラー・エコノミー・パッケージ」を採択した。ヨーロッパ経済を循環型経済システムへと移行することで、国際競争力の向上、持続可能な経済成長、新規雇用創出などを目指す。  新提案は、リサイクルや再利用などを通じて製品ライフサイクルの"Close the Loop"(ループを閉じる)を実現し、環境および経済の双方に利益を [...]

» 続きを読む
2015/12/26 最新ニュース

【北米コラム】ミツバチの危機

Facebook Twitter Google+

 ミツバチはアーモンドやブルーベリー、イチゴ、ブロッコリなどの授粉に欠かせない重要な昆虫であり、これらの開花時には出張受粉サービスをするミツバチ業者が大活躍する。ところが近年ミツバチの激減する蜂群崩壊症候群が欧米で問題となっている。  米国農業省によれば、今年4月末までの一年間にミツバチの群れが42.1%も減っている。昨年の34.2%減少に続く史上最大の減少率である。ミツバチの群れが激減するこの現象は今に始まったことではなく、100年 [...]

» 続きを読む
2015/05/29 ESGコラム
ページ上部へ戻る