【ヨーロッパ】IIGCC、機関投資家の気候変動対応強化の向けた新プログラムを準備中と発表

Facebook Twitter Google+

 気候変動対応を企業に求める欧州機関投資家団体IIGCCは11月13日、気候変動枠組み条約ボン会議(COP23)の場で、アセットオーナーと運用会社向けの新プログラム「Investor Practices」を準備中であることを明らかにした。アセットオーナーと運用会社が気候変動に関する機会とリスクを評価、管理し、効率よく報告することを支援する。  同プログラムの主要な活動内容は3つ。投資家の理事会や取締役会がコミットメントをし組織全体で実 [...]

» 続きを読む
2017/11/20 最新ニュース

【国際】S&P、環境・気候変動リスクが過去2年間の信用格付に影響を与えた内容を公表

Facebook Twitter Google+

 信用格付世界大手米S&Pグローバル・レーティングは11月9日、環境・気候変動リスクが同社の信用格付に及ぼす影響についてまとめたレポートを公表した。S&Pグローバル・レーティングは、2年前に同様のレポートを出していたが、その後状況変化や気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言等を踏まえ、同社の信用格付における影響の最新動向を情報開示している。  S&Pグローバル・レーティングは、業種を40種類、プロジェクトファイナンスでも [...]

» 続きを読む
2017/11/20 最新ニュース

【国際】Urgewald、世界石炭関連約800社のデータベースを公開。投資家・銀行が主な利用者

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGO独Urgewaldは11月8日、ボンで開催された気候変動枠組み条約ボン会議(COP23)で、一般炭関連企業770社以上の統計データベース「Global Coal Exit List」(GCEL)を発表した。石炭探査、採炭、石炭貿易、輸送、石炭火力発電、石炭製造まで幅広い企業が対象に含まれている。従来の石炭データベースは約100社のみを対象にしたものが一般的だが、Urgewaldは今回のデータベースにより、機関投資家や銀 [...]

» 続きを読む
2017/11/19 最新ニュース

【国際】RAN等NGO、主要銀行のオイルサンド融資状況格付公表。日本メガバンクはほぼ最下位

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)、バンクトラック他、世界11団体は11月1日、世界主要銀行のオイルサンド資源保有企業への融資状況をまとめたレポート「Funding Tar Sands: Private Banks vs. the Paris Climate Agreement」を公表した。オイルサンドは、新たな資源として注目される石油資源の一種だが、従来の原油と比較しても採掘コストが高く、二酸化炭素 [...]

» 続きを読む
2017/11/19 最新ニュース

【日本】積水ハウス、集合住宅でもネット・ゼロ・エネルギーを実現。第1号物件分譲開始

Facebook Twitter Google+

 積水ハウスは11月8日、国内で初めて全住戸でエネルギー消費量がゼロとなる「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」基準を満たす高級分譲マンションの分譲を11月11日より開始すると発表した。物件は名古屋市千種区の「グランドメゾン覚王山菊坂町」。完成は2019年2月予定。  ZEHは、徹底した省エネと太陽光発電等でのエネルギー創出の双方により、一次エネルギーの収支をゼロにできる住宅のこと。一次エネルギーとは電力だけでなくガス等の熱エ [...]

» 続きを読む
2017/11/18 最新ニュース

【アメリカ】ウェルズ・ファーゴ、2017年の事業電力再エネ比率100%を達成の見込み

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手米ウェルズ・ファーゴは11月8日、2017年の全世界の事業電力が全て再生可能エネルギーで調達できる見通しと発表した。同社は、2017年末までに全世界での事業電力を全て再生可能エネルギーにし、2020年までに再生可能エネルギー電力拡大に向けた電源開発等を進めすことを掲げていた。まず第一段階の目標は達成されたことになる。  ウェルズ・ファーゴは、本社、支店、データセンター合わせて合計8km2の不動産を所有している。今年の事業 [...]

» 続きを読む
2017/11/18 最新ニュース

【オーストラリア】資源大手BHPビリトン、環境NGOの活動の規制を目論む業界団体に不支持を表明

Facebook Twitter Google+

 資源採掘世界大手英豪BHPビリトンは、環境NGOのオーストラリアでの気候変動アドボカシー活動を制限しようとするオーストラリア鉱物評議会(MCA)に立場に反対する姿勢を公式に表明した。英紙ガーディアンが11月7日報じた。BHPビリトンはオーストラリアを代表する世界最大の資源採掘会社。BHPビリトンが環境NGO側の主張に加担する声明が驚きを集めている。  2015年9月から政権に就いているオーストラリア・ターンブル政権は、目下、国の重要 [...]

» 続きを読む
2017/11/17 最新ニュース

【国際】保険監督当局「持続可能な保険フォーラム(SIF)」、保険会社の気候変動リスク管理を議論

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)とカリフォルニア州保険局が立ち上げた国際的な政府保険監督当局フォーラム「持続可能な保険フォーラム(SIF)」は11月3日、マレーシア・クアラルンプールで全体会合を開催し、保険監督当局が保険会社に気候変動リスクへの対応を促すためのガイダンスを議論した。会合には、米国カリフォルニア州、米国ワシントン州、英国、フランス、イタリア、オランダ、ポルトガル、スウェーデン、オーストラリア、シンガポール、モンゴル、ブラジル、 [...]

» 続きを読む
2017/11/17 最新ニュース

【スイス】ネスレ、2025年までに世界中で卵原料を全て「ケージフリー卵」へ切り替え

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは11月2日、世界中の食品商品に使用する卵を全て2025年までに「ケージフリー卵」にすると発表した。玉子商品の他、卵粉、液状卵等、全ての卵加工品を含む。動物福祉の一環。ケージフリー卵とは、ケージ飼いされていない鶏が産んだ卵のこと。  達成時期は地域毎に異なる。欧州や米国では2020年末までに達成。それ以外の地域では2025年末を目標とする。欧州等一部地域では、使用卵のうち40%がすでにケージフリー卵となって [...]

» 続きを読む
2017/11/17 最新ニュース

【国際】新興国の気候変動対応投資需要、2030年までに23兆米ドル。IFCレポート

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループの国際金融公社(IFC)は11月2日、気候変動分野の投資ニーズをまとめたレポート「Creating Markets for Climate Business An IFC Climate Investment Opportunities Report」を公表。パリ協定の達成に向けた21主要新興国の気候変動対応投資需要は、2030年までに累計23兆米ドルと発表。投資の実現に向け、気候変動政策の改革を通して民間投資を促進 [...]

» 続きを読む
2017/11/16 最新ニュース
ページ上部へ戻る