Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【国際】IIRC、統合報告の実施状況についての国際調査を開始。オンライン上で回答可能

Facebook Twitter Google+

 統合報告の国際フレームワークを策定する国際統合報告評議会(IIRC)は3月1日、企業の統合報告の実施状況に関する国際調査を実施するとを発表した。この調査はオンライン上で企業、投資家、政府関係者等から広くフィードバックを集め、日本、米国、オーストラリア、インド、イタリア、英国、オランダ、マレーシア、シンガポール、スペインなどを主な対象地域としている。オンライン調査は4月30日まで2ヶ月間受け付ける。  オンライン調査への回答者は、事前 [...]

» 続きを読む
2017/03/15 最新ニュース

【イギリス】英国王室領管理法人、2017年事業報告書を発行。統合報告の模範として注目集める

Facebook Twitter Google+

 英国王室領を管理する公益法人Crown Estateは1月9日、2017年の事業報告書「Total Contribution Report」を発表した。Crown Estateは、ロンドン中心部や英国沿岸部等、資産総額120億ポンド以上の広大な不動産を管理しており、2013年より財務インパクトだけでなく、環境や社会のインパクトについても報告を行う「Total Contribution Report」を毎年発行している。2期目の201 [...]

» 続きを読む
2017/01/22 最新ニュース

【南アフリカ】キングレポートの最新版「キングⅣ」発表。企業に具体的な結果を求める内容に進化

Facebook Twitter Google+

 南アフリカ取締役協会(IoDSA)と同協会が組成したキング委員会(King Committee)は11月1日、「コーポレート・ガバナンスに関するキングレポート」を改訂し、第4版となる「キングⅣ」を発表した。キングレポートは、今では世界的な動きとなった統合報告書という概念を世界で最初に謳ったものとして知られている。キングⅣでは、統合報告の運用を改善するとともに、機関投資家に対する規定も加えられた。  キングレポートの初版が制定されたの [...]

» 続きを読む
2016/11/13 最新ニュース

【9/29@東京 セミナー】2016年版 統合レポートを読む会

Facebook Twitter Google+

 CSRレポート発行数が一番多い6~7月も過ぎ、多くの企業の2016年度版のレポートが出揃ってきました。  そこで、その中でも2016年8月末時点で発行されているレポートの中で、優良な報告事例をピックアップしてご紹介します。  また、実際に複数社の統合レポートを読み比べるグループワークを行います。  統合レポートにおけるコミュニケーションの傾向と留意点への理解を深め、自社のレポーティングへのヒントを持ち帰っていただければと思います。 [...]

» 続きを読む
2016/08/31 行動する

【12/4・東京 セミナー】WICI Symposium2015 コンカレントセッションにてIR&ESGセミナー開催

Facebook Twitter Google+

エッジ・インターナショナルは2015年12月4日(金)、「WICI Symposium2015 "価値創造プロセスを共有して社会変革する変革する~統合報告の力"」(WICI・IIRC共催、国際文化会館 岩崎ホール、シンポジュウム9:30~18:00、レセプション18:30~20:00)内で行われるコンカレントセッション(14:40~15:40、国際文化会館 会議室)にて、本年もIR&ESGセミナーを開催させていただく運びとなりました。 [...]

» 続きを読む
2015/11/26 行動する

IIRC(International Integrated Reporting Council:国際統合報告委員会)

Facebook Twitter Google+

 IIRCとは、International Integrated Reporting Councilの略で、国際統合報告委員会と訳されています。2010年7月にイギリスで創設された国際的NGOで、企業に財務情報と非財務情報の両方を統合的に公開する「統合報告」という情報公開のフレームワークを開発・推進することを主な活動としています。監督当局や国際基準を設定する立場にある機関、企業、投資家、NGO、会計事務所及び会計士団体の代表者などから [...]

» 続きを読む
2015/08/31 辞書

【国際】IIRC、統合報告実務者向け研修ツール<IR>Competence Matrixを公表

Facebook Twitter Google+

 統合報告に関する国際フレームワークのIIRCは8月5日、統合報告の効果的な実践に向けて必要となるスキルセットや経験についてまとめた新たな能力表、"<IR>Competence Matrix"を公表した。  このツールは統合報告実務者向けトレーニングへの活用を目的として作成されたもので、統合報告に必要となるスキルレベルの標準化を支援するものだ。IIRCが企業や教育機関向けに世界規模における統合報告のトレーニングツールを公表 [...]

» 続きを読む
2015/08/29 最新ニュース

【9/30・東京 CSRセミナー】第6回東洋経済CSRセミナー「今知っておくべき!必要とされるCSR・ESG情報の開示」を開催!

Facebook Twitter Google+

 今年6月から適用開始されたコーポレートガバナンス・コード、統合報告など上場企業を中心に非財務情報の開示を要請される機会が増えています。これらは主な利用対象が投資家で、これまでの幅広い層を対象としてきたCSR報告書等とは異なる情報開示が必要になってきています。    こうした変化の中で企業はこれまでのCSR・ESGの開示を見直し、さらに進化させていかなければならないのは明らかです。ただ、多くの利用者がいるCSR・ESG情報をどう変えて [...]

» 続きを読む
2015/08/25 行動する

【8/6 東京・セミナー】 海外の統合レポート事例に学ぶ

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年8月6日(木)に本社(東京都文京区)にてセミナー「海外の統合レポート事例に学ぶ」を開催いたします。統合レポートを発行する日本企業は年々増加しており、この動きは今後も続くことが予想されます。本セミナーでは、海外のレポートを実際に見ながら、今後の統合レポートのあり方を一緒に考えていきます。統合レポートの実務担当者の皆さまに、自社のレポート制作のヒントをお持ち帰りいただければ幸いです。 開催概 [...]

» 続きを読む
2015/07/10 行動する

【国際】Corporate Reporting Dialogue、企業報告の主要8フレームワークの俯瞰マップを公開

Facebook Twitter Google+

 企業報告に関する代表的なイニシアチブのCDP、GRI、CDSB、FASB、IASB、ISO、SASB、IIRCの8団体による共同組織、Corporate Reporting Dialogueは5月6日、各団体のフレームワークや基準、要求事項などを一覧で比較、俯瞰できるランドスケープマップを公開した。  Corporate Reporting Dialogueは、企業報告に関する複数の団体のフレームワークや基準の一貫性や比較性を高めて [...]

» 続きを読む
2015/06/03 最新ニュース
ページ上部へ戻る