【国際】Urgewald、世界石炭関連約800社のデータベースを公開。投資家・銀行が主な利用者

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGO独Urgewaldは11月8日、ボンで開催された気候変動枠組み条約ボン会議(COP23)で、一般炭関連企業770社以上の統計データベース「Global Coal Exit List」(GCEL)を発表した。石炭探査、採炭、石炭貿易、輸送、石炭火力発電、石炭製造まで幅広い企業が対象に含まれている。従来の石炭データベースは約100社のみを対象にしたものが一般的だが、Urgewaldは今回のデータベースにより、機関投資家や銀 [...]

» 続きを読む
2017/11/19 最新ニュース

【国際】BMW、フォード、フォルクスワーゲン、ダイムラー、コンボ規格EV充電所整備で合弁設立

Facebook Twitter Google+

   自動車世界大手独BMWグループ、独ダイムラー、米フォード、独フォルクスワーゲンの4社は11月3日、電気自動車(EV)充電ステーションインフラを整備するための合弁企業「IONITY」を設立したと発表した。4社が25%ずつ出資。フォルクスワーゲン傘下の独アウディ、独ポルシェも協力する。IONITYは、2020年までに欧州全域の主要道路400ヶ所に急速充電ステーションを設置。2017年中に20ヶ所の建設が開始される。  設置される急速 [...]

» 続きを読む
2017/11/16 最新ニュース

【シンガポール】政府、カーボンプライシング法案のパブコメ募集。大企業にCO2排出課税

Facebook Twitter Google+

 シンガポール環境水資源省は10月31日、同国にカーボンプライシング(炭素価格)制度を導入する法案の2回目のパブリックコメント募集を開始した。募集締切は12月8日。カーボンプライシング制度導入については今年年初に財務相が財政演説の中で言及。同法案は、カーボンプライシング制度に関する測定、報告、認定等のフレームワークを定めている。シンガポール政府は、パリ協定のもとで、2030年までにGDP当たりの二酸化炭素排出量を2005年比36%削減 [...]

» 続きを読む
2017/11/11 最新ニュース

【国際】中国五鉱化工進出口商会とグローバル・ウィットネス、持続可能な天然ゴムガイドライン策定

Facebook Twitter Google+

 中国商務部直属の中国五鉱化工進出口商会(CCCMC)は10月23日、国際NGOグローバル・ウィットネスの協力の下、天然ゴムのサステナビリティを向上させる「持続可能な天然ゴムガイドライン」を策定、発布した。中国五鉱化工進出口商会は、金属や化学業界が加盟する業界団体で1988年に設立。現在6,000社以上が加盟しており、会員企業の輸出額は、中国の金属・化学業界の約30%を占める。会員企業のうち輸出額上位250社は、中国全体の輸出額の上位 [...]

» 続きを読む
2017/11/08 最新ニュース

【ドイツ】バイエル、BASFに遺伝子組換え種子と除草剤事業を売却。モンサント買収成功が条件

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは10月13日、同業独バイエルから除草剤グルホシネートアンモニウム事業と種子事業の一部を59億ユーロ(約7,800億円)で買収すると発表した。バイエルは、2016年9月に米モンサントを企業買収することで合意しているが、欧州委員会によるEU競争法上の承認取得が難航している。バイエルは今回、モンサント買収が成功することを条件にBASFに一部事業を売却することで、独占への懸念を緩和する考え。  バイエルのモンサント買 [...]

» 続きを読む
2017/10/24 最新ニュース

【イギリス・オランダ】シェル、欧州最大EV充電ステーション企業NewMotion買収

Facebook Twitter Google+

 石油ガス世界大手英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは10月12日、欧州最大の電気自動車(EV)充電ステーション・ネットワーク蘭NewMotionの買収で合意した。ガソリンスタンド大手の同社が、電気自動車市場の高まりを見越し、EV充電ステーション事業を強化する。  NewMotionは2009年に設立。自社保有のEV充電ステーションを欧州で約10万台所有しており、さらにパートナー企業と連携し5万台の運営も行っている。現在も西欧で数千台のステ [...]

» 続きを読む
2017/10/22 最新ニュース

【タイ】BASF、直播米作農法を国際会議でアピール。タイ米作局とも安全面向上で連携

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFとタイ農業・協同組合省米作局は10月4日、タイのコメ農家の安全性を高めるプロジェクトを開始した。BASFが開発した農家用の安全用具キットを、米作局がコメ農家に配布する。安全用具キットには、ニトリル手袋、粉末フィルターマスク、防護メガネ、図説取扱説明書が入っている。全てのキットは、米国とEUの基準を満たす。  この発表は、バンコクにある国連アジア太平洋経済社会委員会本部で開催された2日間の「サステナブル・コメ会議 [...]

» 続きを読む
2017/10/20 最新ニュース

【フランス】ルノー、オランダの充電アプリベンチャーJedlixに25%出資。電気自動車戦略を強化

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手仏ルノーは10月10日、オランダの再生可能エネルギー大手Eneco Groupの立ち上げた電気自動車(EV)充電システム開発Jedlixの株式25%を取得すると発表した。Jedlixは、スマートフォン用EV充電管理アプリ「Jedlix #ichargesmart」を開発、提供しており、現在同APPはオランダの公共EV充電ステーション約1,000台や米テスラの家庭での充電で使用ができる。ルノーは、Jedlix出資の成果と [...]

» 続きを読む
2017/10/19 最新ニュース

【国際】EICC、RBA(責任ある企業同盟)に法人名称変更。併せて紛争鉱物CFSIもRMIに名称変更予定

Facebook Twitter Google+

 EICC(Electronic Industry Citizenship Coalition)は10月17日、法人名を「RBA(Responsible Business Alliance:責任ある企業同盟)」に変更したと発表した。さらに、EICCが発足した紛争鉱物フリー推進イニシアチブCFSI(Conflict-Free Sourcing Initiative)も、「RMI(責任ある鉱物イニシアチブ)」に改称される予定。  EICC [...]

» 続きを読む
2017/10/19 最新ニュース

【タイ】政府、トゥクトゥク全てを2025年までにEV化。EV生産の産業拠点化も計画

Facebook Twitter Google+

 タイ・エネルギー省は10月5日、タイの伝統的な輸送自動車「トゥクトゥク」について、国内で登録されている22,000台全てを2025年までに電気自動(EV)化すると発表した。トゥクトゥクは元々、ガソリンを燃料としていたが、2000年代後半から環境負荷の少ない液化天然ガス(LNG)や圧縮天然ガス(CNG)を燃料とするタイプが登場している。しかし今回、ガス型トゥクトゥクでも不十分として、全てEV化していく。  政府は同政策を進めるため、E [...]

» 続きを読む
2017/10/17 最新ニュース
ページ上部へ戻る