【中国】ルノー・日産、東風汽車と中国で電気自動車生産合弁会社設立。両者で折半出資

Facebook Twitter Google+

 ルノー・日産アライアンスと中国の大手自動車メーカー東風汽車集団は8月29日、中国で電気自動車(EV)を共同開発する新たな合弁会社を設立すると発表した。ルノーと日産が25%ずつ、東風汽車集団が50%を出資し、新会社「eGT New Energy Automotive」を設立。2019年の中国での生産開始を目指す。  中国は世界最大の電気自動車市場で、市場規模は毎年拡大。中国汽車工業協会によると、2016年の電気自動車販売台数は25万6 [...]

» 続きを読む
2017/09/20 最新ニュース

【ケニア】ビニール袋の使用、販売、製造、輸入を禁止する法律が施行。罰金最大400万円

Facebook Twitter Google+

 ケニアでビニール袋の使用、販売、製造、輸入を禁止する法律が8月28日に施行された。違反者には最大4年の懲役または38,000米ドル(約400万円)の罰金が科せられる。発展途上国では、使用後ビニール袋の投棄が大きな環境汚染を引き起こしており、とりわけ海洋に漂流する「海洋プラスチック」は、カメや海鳥、イルカ、クジラ等の海洋生物の生存を脅かす存在になっている。ビニール袋の使用を禁止したり使用に課税する法律は、中国、フランス、イタリア、ルワ [...]

» 続きを読む
2017/09/16 最新ニュース

【オーストラリア】Mineral Carbonation International、炭素を建材に吸収させる炭素利用技術で工場建設発表

Facebook Twitter Google+

二酸化炭素固定化・有効利用技術開発のオーストラリアのMineral Carbonation Internationalは、2020年までに炭素を固定し建材に貯蔵する本格的な工場を2020年までに建設する。英紙ガーディアンや豪メディアNBNニュースが報じた。新技術の詳細については、豪ニューカッスル・エネルギー資源研究所での発表会で9月1日お披露目された。発表会では、破砕した蛇紋岩と二酸化炭素を混ぜ合わせ固形化するまでの一連のプロセスが紹 [...]

» 続きを読む
2017/09/15 最新ニュース

【日本】セブンイレブンとトヨタ自動車、水素エネルギーを活用したCO2削減検討で提携

Facebook Twitter Google+

 セブン-イレブン・ジャパンとトヨタ自動車は8月9日、物流や店舗での省エネルギー及び二酸化炭素排出量削減に向けた検討を開始する基本合意書を締結したと発表した。トヨタ自動車が新たに開発する水素自動車や水素発電機等の導入により、将来の低炭素社会・水素社会の実現に貢献することを目指す。  物流では、店舗向け冷蔵・冷凍トラックの動力源や冷蔵・冷凍ユニットの電源を燃料電池化した「燃料電池トラック」を導入することで、二酸化炭素排出量削減を目指す。 [...]

» 続きを読む
2017/09/13 最新ニュース

【日本】日本製紙、林野庁及び西表島エコツーリズム協会と西表島国有林の森林保全活動推進

Facebook Twitter Google+

 日本製紙株式会社は8月8日、林野庁九州森林管理局沖縄森林管理署との間で、沖縄県西表島の国有林で森林保全活動を行う協定を締結した。今回の取組は、林野庁が国民参加の森林づくりを推進するために制定した「協定締結による国民参加の森林づくり」制度に基づくもの。国有林約9haで外来植物の駆除等を実施する。同社はまた、今回の施策を実施するため、現地NGOの西表島エコツーリズム協会とパートナーシップ契約を結んだ。  西表島には、日本最大のマングロー [...]

» 続きを読む
2017/09/10 最新ニュース

【国際】電気自動車バッテリー原料のリチウム・コバルトが抱える価格高騰リスク。英研究所分析

Facebook Twitter Google+

 英国王立国際問題研究所の研究機関、ホフマンセンターの研究者Daniel Quiggin氏は、この程、電気自動車(EV)の推進に欠かせないリチウムとコバルトの価格動向を分析し発表した。国際的に電気自動車推進の風が吹く中、リチウムイオンバッテリーのリサイクルフローを確立していく必要があるという。  中国政府は全自動車メーカーに対し、来年までにEVの売り上げを全車の8%、2020年までに12%にするよう要請。インドでも2030年までにはE [...]

» 続きを読む
2017/09/05 最新ニュース

【イギリス】電気自動車普及の官民連携プロジェクト「Go Ultra Low」、賛同企業が100社を突破

Facebook Twitter Google+

 英国政府の低排出ガス車部(Office for Low Emission Vehicles)と自動車メーカー8社が展開している次世代自動車推進プロジェクト「Go Ultra Low」は8月17日、同プロジェクトの一環として進めている社用車・公用車の電気自動車切り替え運動に賛同する企業が100社を超えたことを発表した。賛同した企業は、2020年までに社用車・公用車の電気自動車比率を5%以上に上げる。  同プロジェクトを推進している自動 [...]

» 続きを読む
2017/08/30 最新ニュース

【国際】SCS、CFSIの紛争鉱物フリー監査プログラム「CFSP」の第三者監査機関に認定

Facebook Twitter Google+

 米サステナビリティ第三者認証機関SCS Global Services(SCS)は8月9日、国際紛争鉱物ガイドラインConflict-Free Sourcing Initiative(CFSI)が提供するコンフリクト・フリー製錬プログラム(Conflict-Free Smelter Program、CFSP)の第三者監査機関に認定されたと発表した。これにより、SCSは、CFSPの監査サービスを実施することができる。  CFSPは、ス [...]

» 続きを読む
2017/08/24 最新ニュース

【日本】住友化学、デング熱・ジカ熱対策に有効な蚊駆除樹脂製剤で世界初のWHO推進取得

Facebook Twitter Google+

 住友化学は8月2日、デング熱やジカ熱等の感染症予防に有効な長期残効型の蚊発生源処理樹脂製剤「スミラブ®2MR」が、発生源処理用樹脂製剤として世界で初めて世界保健機関(WHO)の推薦を取得したと発表した。「スミラブ®2MR」は、手のひらサイズのプラスチック固形物に薬剤が練り込まれており、水面等に浮かべ薬剤を徐々に溶解させることで、長期間に渡り、蚊の羽化を阻害することができる。  強力な感染症であるデング熱やジカ熱は、蚊を媒介として感染 [...]

» 続きを読む
2017/08/16 最新ニュース

【中国】米アップル、森林32万エーカーでFSC認証取得。全製品パッケージの認証取得化達成

Facebook Twitter Google+

 米アップルは7月28日、同社の製品パッケージに使用している全ての紙の原料となっている中国の森林32万エーカー全てで、国際森林管理認証のFSC認証を取得したと発表した。FSC認証は、持続可能な方法で維持管理していることの証明。これにより、アップル製品全てのパッケージ紙は、持続可能な紙となる。  アップルの森林保護プログラムは、2015年に世界自然保護基金(WWF)と協働でスタートし、2020年までに中国南部の100万エーカーの森林を持 [...]

» 続きを読む
2017/08/13 最新ニュース
ページ上部へ戻る