【オランダ】オランダ鉄道運行全線、1月1日より100%風力エネルギーで走行

Facebook Twitter Google+

 旧オランダ国鉄のオランダ鉄道(NS)は1月初め、2017年1月1日より同社の国内電鉄全線の電力源が100%風力発電となったと発表した。同社は運転電力を全て100%風力発電とするためのプロジェクトで入札を実施し、オランダエネルギー大手Enecoが受注。10年間の契約を結び、当面の目標として2017年末までに風力100%を目指していた。しかし、オランダ国内の陸上、洋上風力発電所の増加を背景に、目標より1年前倒しで風力100%を実現した。 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ラスベガス市政府、市消費電力の100%再生可能エネルギー調達を達成

Facebook Twitter Google+

 米国ネバダ州ラスベガス市は12月12日、市政府の消費電力を100%再生可能エネルギーで調達することを達成したと発表した。大規模太陽光発電所「ボールダー・ソーラー1」の運転が同日に開始し、その結果ラスベガス市政府が所有・運営する公共施設、道路、信号、消防署、コミュニティセンター、公園での消費電力が100%再生可能エネルギーとなった。これによりラスベガス市政府は、電力100%を再生可能エネルギーで調達する全米最大の都市となった。  ラス [...]

» 続きを読む

【アメリカ】グーグル、2017年までにデーターセンターとオフィス電力を100%再生可能エネルギーに

Facebook Twitter Google+

 インターネット大手グーグルは12月6日、2017年までに同社の全世界のデータセンターとオフィスのエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄うことを宣言した。同社は低炭素社会への移行を推進するため、2010年にアイオワ州で風力発電電力の購入をスタートしたことを皮切りに、再生可能エネルギー電力の購入をスタート。現在では電力購入契約を結んでいる風力発電と太陽光発電の設備容量は2.6GWにまで達し、同社によると世界最大の再生可能エネルギー購 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GM、2050年までに事業運営を100%再生可能エネルギーにする目標を発表

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手GMは9月14日、同社が世界59ヶ国に保有する全事業所において、2050年までに事業で利用するエネルギーを100%再生可能エネルギーで調達する目標を発表した。同社は「事業利用エネルギー100%」を掲げる国際イニシアチブの「RE100」にも参加することを表明した。同社がここで定める再生可能エネルギーには、原子力発電は含まれない。  同社は2015年時点で、自動車製造やオフィス、テクニカルセンター、倉庫などで世界全体で9テ [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】首都地方政府、2020年までに再生可能エネルギー割合を100%へ

Facebook Twitter Google+

 首都キャンベラが位置するオーストラリア首都特別地域(ACT)政府のコーベル環境・気候変動相は4月29日、地区内電力の再生可能エネルギー割合目標について、昨年「2020年までに90%」としていた目標をさらに厳しくし、「2020年までに100%」とすることを発表した。地域電力を再生可能エネルギー100%とする目標は世界でもトップレベルの目標。コーベル氏は、環境対策の側面だけでなく、4億豪ドル(約320億円)の太陽光発電助成金による産業振 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】HP Inc. RE100に加盟、将来的に100%再エネでの事業運営方針発表

Facebook Twitter Google+

 個人向け家電の世界大手HP Inc.は3月30日、再生可能エネルギー100%での事業運営を目指す企業連合「RE100」に加盟し、2020年までに再生可能エネルギーでの事業運営割合40%、将来的に100%を目指す方針を発表した。現在の同割合は13%。  目標に向けHP Inc.は、3つのアクションを実施する。まず、エネルギー効率を向上させ積極的にエネルギー消費量を削減する。そして、事業所での自前の再生可能エネルギー発電所を建設し、さら [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ブルームバーグ、2025年までに再エネ電力100%目標を発表

Facebook Twitter Google+

 金融サービス世界大手の米ブルームバーグは3月17日、事業活動に必要な電力を2025年までに100%再生可能エネルギーとすることを発表した。同社は、今回の計画の背景に、再生可能エネルギー100%を目指す企業らで構成されるイニシアチブ「RE100」の存在があることをも明らかにした。  RE100は、2014年に再生可能エネルギー100%で事業活動を行うことを目指す企業らが立ち上げた同盟組織だ。設立に関わったのは、家具世界大手のイケアとス [...]

» 続きを読む

【アメリカ】スターバックス、マイクロソフトら大手企業17社、若者10万人の就労支援へ

Facebook Twitter Google+

 マイクロソフト、スターバックス、ウォルマートら米国を代表する大手企業ら17社は7月13日、 米国の若年層の就労支援を目的とする共同イニシアチブ、"100,000 Opportunities Initiative"の設立を発表した。就労や教育機会へのアクセスに障壁を抱えている16~24歳までの若年層を対象として、インターンシップやトレーニングプログラム、パートタイム、フルタイムの仕事などを通じて2018年までに少なくとも10万人の若者 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る