【アメリカ】議論を呼ぶ遺伝子組み換え食品への規制を強めるワシントン州の法案522

Facebook Twitter Google+

有機農法や持続可能な農業の提唱者Phillipe van den Bossheが、ワシントン州のGMO(遺伝子組み換え作物)ラベリングについて、「消費者の利益を確保するために、ラベリングの議論は行われるべきで、消費者は何を買うべきか最良の選択を行うだろう。」と語った。同氏は、有機農業・園芸のコンサルティング会社Advancing Eco Agricultureの社長でもある。現在、ワシントン州では、遺伝子組み換え作物を用いた食品に表示 [...]

» 続きを読む
2013/12/05 最新ニュース
ページ上部へ戻る