【スウェーデン】公的年金AP4、核兵器とタールサンド関連企業を投資除外指定

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン公的年金基金の一つAP4は1月16日、新たなセクターダイベストメント方針を発表した。核兵器およびタールサンド関連銘柄を投資対象から外す。AP4はすでに、たばこ、資源採掘、クラスター爆弾、マリファナ関連銘柄を投資対象から除外しており、売上の20%以上を一般炭(石炭)関連事業が占める銘柄からもダイベストメントしている。  今回の新方針では、まず、核不拡散条約を背景とし、核兵器関連銘柄を投資除外する。またタールサンドは、石炭と [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】公的年金AP4、石炭関連22社のダイベストメント実施

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン公的年金基金AP4は6月26日、石炭関連企業22社からの投資引揚げ(ダイベストメント)を実施したと発表した。22社の具体的な社名は公表していない。  今回、ダイベストメントされたのは、石炭採掘または石炭火力発電からの売上が売上全体の20%以上を占める企業。AP4は、2012年から低炭素戦略に基づく株式投資を行っており、二酸化炭素排出量が多かったり、化石燃料に関連する企業の株式保有を減らしている。  AP4は、今回の実施に [...]

» 続きを読む

【スウェーデン】公的年金AP4、低炭素戦略での株式投資は株投資全体の31%に増加

Facebook Twitter Google+

 スウェーデン公的年金基金AP4は2月22日、2017年の運用パフォーマンスを発表。低炭素戦略での株式運用額がグローバル株式アセットクラス全体の31%を占めるまでになったことを明らかにした。AP4は、低炭素戦略での運用を、リスク低減と同時にリターンを高めるためと説明。今後も増やしていく方向性を表明した。  AP4は投資先のガバナンス強化もさらに強めていく。2017年の投資先企業の株主総会では、スウェーデン企業73社、海外企業896社に [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行、過去最大の米ドル建てグリーンボンドを発行

Facebook Twitter Google+

 世界銀行は2月19日、これまで同行が発行してきた米ドル建てグリーンボンドの中で過去最大となる総額6億米ドル、10年固定金利のグリーンボンドを発行した。10年という償還期間も世界銀行が発行するドル建てグリーンボンドの中では過去最長となる。同グリーンボンドは気候変動問題へ対処するプログラムの支援に充てられる。  世界銀行は今回の債券発行によりグリーンボンド市場に新たな投資家を惹きつけ、更なる投資拡大を目指す。同行は現在既に世界18か国、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る