【オランダ】公的年金運用APG、SDGs投資適格企業を判定するためにAI活用。1万社分析

Facebook Twitter Google+

 オランダ公務員年金基金ABPの運用子会社APGは7月16日、2019年の「責任投資レポート」を発表。その中で、国連持続可能な開発目標(SDGs)に大きなインパクトを出せる分野へ投資する「持続可能な開発投資(SDIs)」を実施するために、投資適格性判断に人工知能を用いていることを明らかにした。  APGが実施しているSDIsの運用額は現在、692億ユーロ(約8.4兆円)で、投資運用額全体の15%を占める。人工知能は、投資適格性を判断す [...]

» 続きを読む

【オランダ】公的年金運用子会社APG、デロイト・オランダのESG投資データ分析部門を買収

Facebook Twitter Google+

 オランダ公務員年金基金ABPの運用子会社APGは2月2日、コンサルティング大手デロイト・ネーデルラント(オランダ)のESG投資データ分析部門を買収すると発表した。デロイト・ネーデルラントは、ESG投資分野でAI(人工知能)やビッグデータ活用に力を入れてきた。同部門の従業員13名はAPGに移籍する。ABPの運用資産総額は4,050億ユーロ(約55兆円)  移籍した新チームは、気候変動、医療、健康の分野で事業機会を捉えている上場企業の特 [...]

» 続きを読む

【オランダ】公的年金ABP、たばこと核兵器製造会社からのダイベストメント決定

Facebook Twitter Google+

 オランダ公務員年金基金ABPは1月11日、投資先からたばこと核兵器の製造メーカーを除外するダイベストメント方針を発表した。ABPの運用資産総額は4,050億ユーロ(約55兆円)。新投資方針はABPと運用子会社APGに適用される。  今回の決定は、ABP理事会が新たに導入した企業評価フレームワークによるもの。新フレームワークでは、「投資対象が人間に危害を与える」「投資家として企業の状況を変更できない」「投資引揚げを行っても大きな負のイ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る