【ASEAN】ASEAN CSRネットワーク、主要5ヶ国大手企業の人権開示レベル分析。首位はタイ

Facebook Twitter Google+

 ASEAN CSR Networkは4月17日、タイのマヒドン大学及び人権NGOのArticle 30とともに、ASEAN主要5ヶ国の企業について人権情報開示の状況を分析した結果を公表した。タイとマレーシアが比較的良かった。  今回の調査では、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシアの5ヶ国について、時価総額の大きい上位各50社を調査対象とした。人権について情報開示度合いで採点をつけ国別平均と出したところ、タイ42. [...]

» 続きを読む

【東南アジア】主要5ヶ国大企業の腐敗防止への取組が過去2年で大きく改善。業界団体調査

Facebook Twitter Google+

 ASEAN CSR Network、ASEAN Business Advisory Council、シンガポール国立大学(NUS)ビジネススクールの3団体は8月27日、シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン5ヶ国の時価総額上位50社について腐敗防止に関する情報開示を分析。過去2年間で情報開示は大きく進んだものの、依然として代理業者やサプライヤーに対し同様に腐敗防止ポリシーを策定させる動きについては課題があると発表し [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る