【国際】Googleと国連食糧農業機関のコラボ、森林保護分野で極めて大きな成果

Facebook Twitter Google+

 国連食糧農業機関(FAO)とデジタルテクノロジー世界最大手グーグルの協働が進んでいる。両者は気候変動枠組み条約パリ会議(COP21)が開催されていた12月1日、パートナーシップ契約で合意に至り、グーグルが保有する衛星マッピング技術を、自然資産の分野に活かしていく試みを発表していた。共同プロジェクトはすでに開始されており、4月中旬両社が共催したイベントでこれまでの成果を発表した。  FAOは、グーグルが開発しGoogle Earthな [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る