Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【フランス・イギリス】ESG調査大手2社、VigeoとEIRISの合併が正式に完了

Facebook Twitter Google+

 パリに本拠を置くESG調査大手のVigeo(ヴィジオ)と英国のEIRIS(アイリス)は 1月5日、両社の合併が公式に完了したと発表した。今回の合併は昨年の10月に開催されたVigeoの株主総会において承認されたもので、Vigeoは新会社の設立に向けて630万ユーロを出資することが決定していた。  世界を代表するESGリサーチ大手2機関の合併により、新会社は両社の地理的プレゼンスや専門性を相互に補完しつつ、グローバルのESGリサーチ市 [...]

» 続きを読む
2016/01/14 ESG 最新ニュース

【フランス】SRIに対する潜在ニーズと認知との間に大きなギャップ。EIRIS調査

Facebook Twitter Google+

 ESG調査大手のEIRISは10月2日、フランスの消費者のSRIに関する意識調査結果を公表した。同調査はリサーチ大手のイプソスがEIRISおよびフランスの責任投資推進団体、French Forum for Responsible Investmentからの委託を受けて実施しているもので、今年で6年目となる。  フランスに住む16 ~75歳の消費者1,100名に対してSRIに関する意識調査を実施した結果、消費者の半数以上は投資先の選択 [...]

» 続きを読む
2015/10/23 ESG 最新ニュース

【スイス】投資会社やNGOら、グローバル500社を対象とする人権インデックスの開発へ

Facebook Twitter Google+

企業のサステナビリティ格付・ランキングが人権の分野まで広がっている。グローバル企業は自社および自社サプライチェーンが抱える人権リスクへの対応状況をより問われることになりそうだ。 ESGリサーチ大手のEIRISは12月3日、グローバル大手の投資・資産運用会社、NGO、シンクタンクらと共同で、新たに企業の人権に関するパフォーマンスを格付・ランキング化するプロジェクトを開始すると発表した。農業、ICT、アパレル、鉱物など様々な業界の合計50 [...]

» 続きを読む
2014/12/23 最新ニュース
ページ上部へ戻る