【インド】企業のサステナビリティ報告のレベルが質・量ともに大きく向上。GRI調査

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティレポーティングガイドライン世界最大手のGRI(Global Reporting Initiative)の南アジア地域拠点、GRI Regional Hub South Asiaは11月2日、インドのサステナビリティ報告の現状をまとめた報告書「Sustainability Integration: Corporate Reporting Practices in India」を発表した。報告書の作成は、GRI Sout [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、新版「GRIスタンダード」を発表。G4からの切替期限は2018年7月1日

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティレポーティングガイドライン世界最大手のGRI(Global Reporting Initiative)は10月19日、現行のG4に変わる新たなガイドライン「GRI Standards(GRIスタンダード)」の完成版を発表した。 【参考】GRI、「GRIスタンダード」の原案が最終承認。10月に発行予定(2016年9月19日) 【参考】GSSB、「GRIスタンダード」パブコメの総評発表。概ね肯定的な評価(2016年8月1 [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、2014–2015 Combined Report を公表。レポート数は昨年比28%増

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIは12月18日、2014年6月1日から2015年6月30日までの活動成果をまとめた報告書、"GRI 2014–2015 Combined Report"を公表した。  報告書の発行にあたり、GRIは今回初めて外部機関による第三者保証を導入した。また、今年の報告書では昨年とは構成が大きく変更されており、GRIの活動内容がEnabling Smart Policy(より優れた方針の実現 [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、G4と「ビジネスと人権に関する国連フレームワーク」の関連性を示す文書を公表

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIは 11月16日、同日開催された第4回国連「ビジネスと人権フォーラム」の中で、GRIのG4と国連の「ビジネスと人権に関する国連フレームワーク」との関連性について示した最新文書、"Linking G4 and the UN Guiding Principles"を公表した。  同書では、両ガイドラインの概要およびその関連性、EU指令など人権を取り巻く最新の法規制や情報開示動向を踏まえた [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、G4に代わる新たなサステナビリティ報告基準GRI Standardsを2016年に公表へ

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIが設立した新たな国際サステナビリティ基準設定のための独立機関、GSSB(Global Sustainability Standards Board)は11月5日、従来のGRI G4ガイドラインをGRI Sustainability Reporting Standards(GRI Standards)に移行する計画を公式に承認した。  同計画は現行のG4ガイドラインの基準や内容を見直 [...]

» 続きを読む

GRI

Facebook Twitter Google+

 GRIとはGlobal Reporting Initiativeの略で、民間企業、政府機関、その他の組織におけるサステナビリティ報告書への理解促進とその作成をサポートするNGOです。気候変動や人権その他の幅広いテーマを取り扱っています。  GRIガイドラインの初版は、報告書を作成する企業、NGO、コンサルタント、監査法人、機関投資家、労働組合、学者等が世界から集まって2000年に作成されました。2013年に出版された第4版は広く普及 [...]

» 続きを読む
2015/08/31 辞書

【7/16・17 東京・セミナー】マテリアリティ特定 個別相談会

Facebook Twitter Google+

 株式会社シータス&ゼネラルプレスは、2015年7月16日(木)および17日(金)に本社(東京都文京区)にて「マテリアリティ特定 個別相談会」を開催いたします。  2016年1月1日以降発行分のレポートから、GRIガイドラインを利用する場合は、GRIガイドライン第4版(以下、G4)を用いなければなりません。このG4はグローバルコンパクト、OECDなど国際機関はもとより、ISO、IIRCとの相互協力により、グローバルに求められる企業の非 [...]

» 続きを読む

【スイス】ネスレ、2014 Nestlé in society reportの完全版を公表。初のG4対応。

Facebook Twitter Google+

 食品大手のネスレは4月7日、今年の3月に要約版を公表していた「2014 Nestlé in society report」の完全版を公表した。  完全版のレポートはGRIのG4ガイドラインおよびFood Processing Sector Supplement(食品加工業界補則)に従って作成されている。ネスレがG4に沿ったサステナビリティ報告を行うのは今回が初めてとなる。データは毎年更新され、ステークホルダーは人権、ダイバーシティと [...]

» 続きを読む

【台湾】台湾証券取引所、GRIのG4に沿ったCSR報告を義務化

Facebook Twitter Google+

台湾証券取引所(以下、TWSE)は2月12日、一部の上場企業に対して2015年から毎年CSR報告を義務付けると発表した。Global Reporting Initiative(GRI)の発行する「サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4版」(通称G4)に準拠したCSR報告を義務づけるのは、アジア・パシフィック地域において台湾が初となる。 台湾の金融監督管理委員会が提案しTWSEが成文化した今回の新しい規則は、食品加工、金融、 [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、サステナビリティ担当者向けにG4に関する試験を開始

Facebook Twitter Google+

企業のサステナビリティ担当者やサステナビリティコンサルタントにとって、自身のサステナビリティに関する知識を客観的に証明する方法はあまりない。このような背景を踏まえ、サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIは2月3日、新たにサステナビリティ担当者向けにGRIガイドライン第4版およびGRIの報告プロセスに関する知識を客観的に証明するための試験、GRI G4 Examを開始すると発表した。 同試験の対象者はGRI公認トレーニング [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る