【国際】GRI、「303:水」「403:労働安全衛生」改訂。7月1日にGRIスタンダードへ切替

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン策定GRIは6月28日、GRIスタンダードのうち、「GRI303:水」と「GRI403:労働安全衛生」を改訂した。GRIは2016年12月に「GRI303:水」と「GRI403:労働安全衛生」の改訂着手を発表。2017年10月19日に改訂草案を公表し、パブリックコメントを募集していた。 【参考】【国際】GRI、「303:水」「403:労働安全衛生」の改訂原案を公表。10月19日までパブコメ受付(2 [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、中小企業のサステナビリティ報告に関する報告書発表。課題と提言整理

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン策定GRIは6月5日、中小企業(SME)のサステナビリティ報告に関する課題や提言をまとめた報告書「Empowering Small Business」を発表した。世界の企業の95%を占める中小企業の取組が、社会全体にとって重要と位置付け、現状分析を行った。分析対象の国は、アルジェリア、バングラデシュ、チリ、コロンビア、コスタリカ、デンマーク、フランス、ガーナ、インドネシア、モルドバ、オランダ、ペル [...]

» 続きを読む

【国際】GRIとRMI、紛争鉱物に関する報告分野でパートナーシップ締結

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン策定GRIと責任ある鉱物イニシアチブ(RMI、旧CFSI)は4月10日、紛争鉱物の報告分野での新たなパートナーシップを締結した。鉱物調達デューデリジェンスとインパクト報告を企業が実施するための手法を提供するプロジェクトを行う。  鉱物採掘分野では世界的に紛争鉱物対応が迫られるようになっており、今回両者の提携に至った。同プロジェクトでは、「OECD紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプラ [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、GRIスタンダードに準拠した報告書の自主的登録制度リリース

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン策定GRIとGRIが設立した独立基準設定機関Global Sustainability Standards Board(グローバル・サステナビリティ基準審議会、GSSB)は3月8日、サステナビリティ報告書の自主的登録制度を開始した。登録制度を活用することで、GRIスタンダードに準拠していることを自主的に宣言することができる。  報告書の登録はウェブサイトを通じて実施できる。登録されたレポートはGR [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、人権関連スタンダードの見直しや税の透明性スタンダードの新設作業を開始

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン世界大手GRIは12月18日、独立基準設定機関Global Sustainability Standards Board(GSSB)の現在のGRIスタンダード改定作業状況を発表した。 GRI303:水  水に関する国際基準の最新動向を踏まえた内容変更と、「GRI306:排水と廃棄物」の廃水に関する規定を「GRI303:水」に移し、「GRI303:水と排水」に再編する内容での改定を進行中。  第1回 [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、理事会新議長にエリック・ヘスペンハイド現副議長を任命

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン世界大手GRIは11月20日、新たな理事会議長にエリック・ヘスペンハイド氏を任命した。エリック・ヘスペンハイド氏は、独立基準設定機関Global Sustainability Standards Board(GSSB)の議長を務めた後、GRIの臨時Chief Executiveに着任。最近では、GRI理事会の副議長に就いていた。  現議長のクリスティナ・ウッド氏は、退任後はハーバード大学の’Adv [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、「303:水」「403:労働安全衛生」の改訂原案を公表。10月19日までパブコメ受付

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン世界大手GRIは9月6日、GRIスタンダードのうち、「GRI303:水」と「GRI403:労働安全衛生」の改訂草案を公表した。GRIは昨年12月に「GRI303:水」と「GRI403:労働安全衛生」を改訂すると発表していた。改訂草案は10月19日までパブリックコメントを受け付け、その後GRIスタンダードを管理するGSSBで最終審議を行う。 【参考】【国際】GRIスタンダード、水と労働安全衛生の2つ [...]

» 続きを読む

【インド】GRIスタンダードやSDGsに基づく企業報告、大手企業中心に浸透進む

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告国際ガイドライン世界大手GRIは8月8日、インドでGRIスタンダードの浸透が進んでいるという最新状況を報告した。インドでは、2014年に大企業に対し当期純利益の2%をCSR活動に支出するよう義務付ける法令が施行されており、CSR活動が先行してスタートしているが、サステナビリティ関連情報開示の面では欧米に遅れをとっていた。しかし、インドの大企業がGRIに積極的に参加する姿勢を見せており、東南アジアと同じくインドでも [...]

» 続きを読む

【国際】「GRI参照企業はサステナビリティレポートの質が高い」米ESGコンサルG&A報告

Facebook Twitter Google+

 米ESGコンサルティングGovernance & Accountability Instituteは7月18日、フォーチュン500とフォーチュン・グローバル500に選出された企業を対象にした、サステナビリティレポートの質の分析した報告を発表した。Governance & Accountability Instituteは、サステナビリティ報告基準策定GRIの米国、英国、アイルランドの独占データプロバイダー。同社は、G [...]

» 続きを読む

【金融】サステナビリティ情報開示と株価シンクロニシティの関係。ハーバード大准教授ペーパーを読み解く

Facebook Twitter Google+

 非財務情報の開示と金融市場への影響についての著名な研究者であるジョージ・セラファイム・ハーバード・ビジネス・スクール准教授を中心とする研究チームは6月7日、サステナビリティ情報の開示と株価に関する新たなワーキングペーパー「Stock Price Synchronicity and Material Sustainability Information」をハーバード大学のウェブサイト上で発表しました。セラファイム准教授は、過去にも、サ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る