【アメリカ】アップル、2回目のグリーンボンド発行。発行額10億米ドル

Facebook Twitter Google+

 米アップルは6月12日、10億米ドルのグリーンボンドを発行した。償還期間は10年。共同主幹事はバンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン・サックス・グループ、JPモルガン・チェース。私募再発行のため詳細は公表されていないが、格付はAa1で、利回りは米国債より0.95%から1%高い水準と言われている。  アップル社昨年米国市場最大となる15億米ドルのグリーンボンドを発行しており、今回はそれに続く2回目の発行。今回発行のグリーンボンドの使途は [...]

» 続きを読む
2017/06/30 最新ニュース

【ヨーロッパ】SDGsの企業実践では中間管理職が大きな課題。CSRヨーロッパ報告書

Facebook Twitter Google+

 欧州CSRコンサルティング企業のCSRヨーロッパは5月22日、企業の社会的インパクトと価値創造を目指すイベント「欧州ビジネスサミット(EBS)」をベルギー・ブリュッセルを開催。その場で、SDGsの企業での取組に関する新たな調査報告書「The Sustainable Development Goals(SDGs): The Value for Europe」を発表した。イベントには、企業、政府、NGOなどから300人以上が集まり、国連 [...]

» 続きを読む
2017/06/08 最新ニュース

【アメリカ】アップル、米国製造業支援10億ドル基金。初支援先はコーニング

Facebook Twitter Google+

 米アップルは5月12日、ガラスメーカー世界大手米コーニングに対し、素材イノベーションを促進するために2億米ドルの支援を行うことを決定した。アップルは、米国製造業の発展のため、R&Dや設備投資を支援する10億米ドルのファンド「Advanced Manufacturing Fund」を設立。今回のコーニングが同ファンド第1号の投資先となった。  2億米ドルは、コーニングが65年前に立ち上げたハロッズバーグの拠点で、ガラス技術のイノベーシ [...]

» 続きを読む
2017/05/25 最新ニュース

【アメリカ】印インフォシス、米国で1万人雇用計画発表。トランプ政権の批判に対応

Facebook Twitter Google+

 インドIT大手インフォシスは5月2日、今後2年間で米国で1万人の雇用を増やす計画を発表した。インフォシスは、欧米企業からIT関連業務を受託する形で急成長を遂げており、現在世界で20万人を雇用している。一方米国トランプ政権は目下、IT受託企業が米国国民の職を奪っていると強く批判しており、インフォシスは米国内での雇用を増やすことを表明することで、批判をかわそうとしている。  インフォシスは今後、米国内に、人工知能、機械学習、ユーザーエク [...]

» 続きを読む
2017/05/18 最新ニュース

【イギリス】ウーバー、契約ドライバーに対する休業補償保険制度を検討

Facebook Twitter Google+

 タクシー配車アプリ世界大手米ウーバーが、毎週2ポンド(約295円)の保険料を徴収する新たな休業補償保険制度を計画していることがわかった。ウーバーは昨年、英国で雇用審判所で敗訴し、同社の契約タクシードライバーを従業員として定め、雇用保障制度などを提供することが求められた。同係争はその後控訴されている。ウーバーは新たな休業保険制度を英国約4万人のドライバーに適用し、控訴審での裁判を有利にしたい考え。 【参考】【イギリス】労働裁判所、ウー [...]

» 続きを読む
2017/05/18 最新ニュース

【アメリカ】シリコンバレー「働きがいのある会社」ランキング発表。全50社がランクイン

Facebook Twitter Google+

 米調査機関Great Place to Work Instituteは4月26日、米フォーチュン誌上で、シリコンバレーを含むサンフランシスコ都市圏の「働きがいのある会社(Great Place to Work)」ランキングを発表した。「働きがいのある会社」ランキングは、1998年に米国で始まり、日本でも2007年からランキングが発表されている。今回は、ITスタートアップ企業が林立するサンフランシスコ都市圏に限定したランキングが発表さ [...]

» 続きを読む
2017/05/16 最新ニュース

【アメリカ】ブルームバーグ、2016年度サステナビリティ報告書発表。2020年目標の進捗状況公表

Facebook Twitter Google+

 金融情報世界大手ブルームバーグは4月21日、2016年度のサステナビリティ報告書「2016 Impact Report」を発表した。同社はサステナビリティ・プログラム「BCause」を掲げ、持続可能なビジネス・金融の推進、慈善活動・エンゲージメント、ダイバーシティ、ウェルネスの分野で2013年に「2020年目標」を設定。今回の報告書では、現状とともに2020年目標達成に向けての進捗状況の発表も行っている。 ブルームバーグの主な202 [...]

» 続きを読む
2017/05/09 最新ニュース

【イギリス】Ergon、英国現代奴隷法の企業報告状況報告書発表。改善の余地が大きいと総括

Facebook Twitter Google+

 英国デューデリジェンス・コンサルティングErgon Associatesは4月1日、2017年3月の時点で企業150社が「ビジネスと人権リソースセンター(BHRRC)」に登録した英国現代奴隷に関する報告書の分析結果を発表した。2015年10月に英国現代奴隷法(Modern Slavery Act)が制定されてから2回目の報告書。報告書は、企業の報告の質は改善しつつあると一定の評価をしつつも、同法が求める水準には程遠いと厳しい見方を示 [...]

» 続きを読む
2017/05/04 最新ニュース

【アメリカ】IBM、ボストン・カレッジと共同で同社の女性キャリア開発制度を分析。報告書発表

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手IBMと米ボストン・カレッジの仕事と家庭のためのセンターは4月19日、科学・技術・工学・数学(STEM)領域で活躍する女性のキャリア開発に関する報告書「Empowering Women’s Success in Technology, IBM’s Commitment to Inclusion’」を共同で発表した。STEM領域での女性のキャリア開発には、包摂的な雇用環境、自由な思考の奨励、全精力を注いで仕事に取り組むこと [...]

» 続きを読む
2017/04/30 最新ニュース

【国際】「ホテル選びで環境への取組を考慮する旅行者の割合が増加」Booking.com調査

Facebook Twitter Google+

 旅行予約サイト大手Booking.comは4月19日、旅行者の「持続可能な観光(サステイナブルツーリズム)」に関する意向調査の結果をまとめた「持続可能な旅行レポート(Sustainable Travel Report)」を発表した。国連は、2017年を「開発のための持続可能な観光の国際年(International Year of Sustainable Tourism for Development)」と定めており、今回の調査をそ [...]

» 続きを読む
2017/04/28 最新ニュース
ページ上部へ戻る