【フランス】ファッション大手のケリング、自然資本会計の方法論をオープンソース化へ

Facebook Twitter Google+

 グッチ、プーマといった著名ブランドを有し、アパレル、アクセサリー事業をグローバルに展開するファッション・コングロマリットのケリングは5月19日、自社およびグループ全体のサプライチェーンにおける環境への影響を計測し、金銭的な価値に置き換える自然資本会計、"Environmental Profit and Loss Account(以下、E P&L)"の計測結果および方法論を公表した。  ケリングは、E P&Lを通じて、物流から店頭まで [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る