【中国】政府環境シンクタンク、2025年にCO2をピークアウトさせる上限目標設定が必要と提言

Facebook Twitter Google+

 中国生態環境部の下部組織である国家気候変動戦略研究・国際協力センター(NCSC)は8月13日、中国政府に対し、2021年から2025年までの政府政策を規定する5カ年画に中に、同国の二酸化炭素排出量の全体量の上限を定めるよう求める提言レポートを発表した。その中で、2025年が同国の二酸化炭素排出量の上限が来るよう設定し、2030年までは維持していくとの道筋を示した。  同提言では、中国は二酸化炭素排出量作げ園のために、もっと努力できる [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、世界規模のサイバー攻撃の背後には中国政府がいる可能性大きいと表明

Facebook Twitter Google+

 英国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)は12月20日、中国のサイバー・スパイ・グループ「APT10」が企業機密を狙うため、世界各国のグローバル企業にサイバー攻撃を仕掛けていると発表した。さらに、他の同盟国とともに、APT10の裏には中国政府の国家安全部がいる可能性が非常に高いと言及。中国政府の行為は、G20コミットメントや英中二国間合意に反すると非難した。英政府が、中国政府が担当している表明するのは今回が初。  NCSCは、 [...]

» 続きを読む

【イギリス】国家サイバーセキュリティ・センター、ファーウェイ製品の新たなリスク警告

Facebook Twitter Google+

 英国家サイバーセキュリティ・センター(NCSC)は7月19日、中国通信機器大手ファーウェイ(華為技術)の製品を英国の重要なインフラに用いるリスク評価に関する第4次報告書を公表し、英内閣府国家安全保障顧問に提出した。国家サイバーセキュリティ・センターは、英政府通信本部(GCHQ)傘下に2016年に設置された政府機関で、サイバーセキュリティに関する調査、助言を担っている。同レポートは、ファーウェイはNCSCが求めた技術的作業には全て応え [...]

» 続きを読む

【イギリス】国家セイバーセキュリティセンター、全省庁にカスペルスキー製ソフトの使用停止要請

Facebook Twitter Google+

 英政府サイバーセキュリティ部門の国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)は11月2日、同機関トップが英各省事務次官宛に出した公開書簡の中で、ロシアのカスペルスキー製セキュリティソフトウェアの使用の止めるよう警告した。NCSCは2016年10月にサイバー攻撃対策のためロンドンに開設された新機関。約700人のサイバーセキュリティの専門家が所属している。  NSCSによると、カスペルスキーはロシア政府と関係しており、国家安全保障に関す [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る