【アメリカ】ハーバード・ビジネス・スクールが教えるサステナビリティ戦略

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、世界最高峰のビジネススクールとして知られる米国Harvard Business School(ハーバード・ビジネス・スクール、以下HBS)が展開するエグゼクティブ向けプログラムのコースの一つ、”Aligning Sustainability with Corporate Performance(サステナビリティと企業パフォーマンスの統合)”の紹介動画だ。 動画に登場するのは同コースの担当教授を務めるRobert E [...]

» 続きを読む
2014/08/20 最新ニュース

【国際】国連グローバル・コンパクト、RMIT大学との連携でシティ・プログラムを更なる強化へ

Facebook Twitter Google+

国連グローバル・コンパクトは7月22日、同イニシアチブの自治体向けプログラム、Global Compact Cities Programme(グローバル・コンパクト・シティ・プログラム)の更なる拡大、強化に向けてオーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学(以下、RMIT大学)との提携の更新および、今後5年間で更なる投資を行う計画を発表した。 Global Compact Cities Programmeは国連グローバル・コンパクトのシ [...]

» 続きを読む

【中南米】サステナリティクス、ラテンアメリカ地域における責任投資に関するレポートを公表

Facebook Twitter Google+

ESG調査・分析のリーディングカンパニー、サステナリティクス(Sustainalytics)は7月29日、ラテンアメリカ地域における責任投資の概況をまとめたレポート “Inversión Responsable y Sostenible: Visión General, Prácticas Actuales y Tendencias(Sustainable and Responsible Investing: Overview of [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、WWF、PwCらと共同で水リスクに関する調査レポートを公表

Facebook Twitter Google+

PRI(The Principles for Responsible Investment:責任投資原則)は7月29日、企業が農業サプライチェーンにおいて直面している、水リスクに関する調査レポートを公開した。このレポートはWWF(World Wildlife Fund:世界自然保護基金)、PwC Germanyとの共同で作成されており、投資家およびその投資先企業に対して企業が抱える水リスクを明らかにした上で、課題解決に取り組む際の指針 [...]

» 続きを読む

【EU】環境に優しい空港を実現するテクノロジーに資金援助

Facebook Twitter Google+

毎年夏になると、数百万人のヨーロッパ人が旅行に出かけるために空港を利用する。空港の利用人数が増えるにつれて、空港の運営コストに加え、環境フットプリントも大きくなってしまう。巨大なハブ空港で使われている照明や空調設備を考えるだけでも分かるように、空港が大きくなれば、その消費エネルギーは一都市の消費量にも匹敵するものになる。 そこで、ヨーロッパの研究者らは空港のCO2排出量とエネルギーコストを20%削減することを目標に、新たなソフトウェア [...]

» 続きを読む

【アメリカ】IBM、気候変動の研究に取り組む科学者にスーパーコンピューター・パワーを無料提供

Facebook Twitter Google+

市民一人一人から少しずつ自分のコンピュータの空き容量を寄付してもらい、それを集めることで膨大なデータ分析に耐えうる仮想スーパーコンピューターを創りだし、科学者に無料で提供する。そして科学者はそのコンピュータを利用して政府が公開する気候変動関連オープンデータを分析し、自らの研究を前に進めていく。そんな市民、政府、科学者が一体となった気候変動プロジェクトをコーディネートするのがIBMだ。 IBMは7月29日、米ホワイトハウスで発表された最 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】再生可能エネルギーのクラウド・ファンディングサイト、政治家候補者にも出資可能に。

Facebook Twitter Google+

The US Renewable Energy Association(米国再生可能エネルギー協会、以下USREA)は7月21日、同団体が運営する再生可能エネルギープロジェクトへのクラウド・ファンディング(インターネットを通じて一般人から出資を募る活動、またはそのために利用できるサービス)サイト、CrowdRE orgの出資対象を再生可能エネルギー推進派の政治家候補者まで拡大すると発表した。 CrowdRE orgはUSREAが運営す [...]

» 続きを読む

【オランダ】GRI、新たな代表をMichael Meehan氏に決定

Facebook Twitter Google+

Global Reporting Initiative(以下、GRI)は7月22日、GRIの新たな代表をMichael Meehan氏に決定したと発表した。Meehan氏はこれまでに数々のクリーンテックビジネスを立ち上げ、世界中の政府機関や多国籍企業のサステナビリティ報告の促進に大きく貢献してきた人物だ。 Meehan氏は、持続可能なサプライチェーンやカーボン・エネルギーに関するテクノロジー分野を中心に約20年間に渡りサステナビリティ [...]

» 続きを読む

【インド】電子製品の環境評価システムEPEAT、ついにインドに進出

Facebook Twitter Google+

電子製品に関するグローバルな環境評価システムが、ついにインドにもやってきた。インド工業連盟(The Confederation of Indian Industry、以下CII)のCentre of Excellence for Sustainable Development(CESD)は7月23日、デリーで行われたGreen Electronics Councilとの共催イベントで、同団体が推進している電子製品に関する国際的な環境評 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】The North Face、新たなサステナビリティ目標を公表

Facebook Twitter Google+

アウトドア用品大手のThe North Faceは7月21日、最新版のCorporate Responsibility Reportを公表した。今回の報告書の主なポイントとしては、下記の4つが挙げられる。 リサイクル素材の使用増加 衣類の回収プログラム”Cloths the Loop”を通じた製品ライフサイクルの延長 環境への影響の削減 ダウン製品のサプライチェーンを通じた動物保護に関する基準 Responsible Down Sta [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る