【イスラエル】2014年2月28日、スマートシティ構想についてのセッションを開催

Facebook Twitter Google+

国際的にサステナビリティ関連情報を配信しているClean Techは、クリーンテック2014国際セッションを、2014年2月28日にイスラエルのアベニュー・エアポートシティで開催する。テーマは「今後20年間のスマートシティ」。スマートシティとは生活インフラを統合し、より効率的な都市を作り上げる構想だ。議題は都市部のエネルギー効率、データのプライバシー、市内のスマートグリッドなどと多岐に渡る。クリーンテック2014会長Avner Adi [...]

» 続きを読む
2013/12/18 最新ニュース

【アメリカ】全米商工会議所基金、フィリピンの台風「ハイエン」の救助活動に4200万ドルを寄付

Facebook Twitter Google+

全米商工会議所基金のBusiness Civic Leadership Center (BCLC)は、11月にフィリピンを襲った超巨大台風「ハイエン」の救援活動のために、総額4200万ドル以上を寄付することを発表した。救援活動は現金の寄付のほか、物資やサービスの提供、さらには顧客と被雇用者のマッチングサービスなども含まれるということだ。この救援活動には、HSBC、IKEA、コカコーラ、ウォルマート、サムスンなど、幅広い業種の企業が名乗 [...]

» 続きを読む
2013/12/17 最新ニュース

【イギリス】グローバル企業のリーダーが集結「サスティナビリティを考える意見交換会」

Facebook Twitter Google+

サステナビリティに関する国際ネットワーク「サスティナブル・ブランズ」が、世界規模でブランド展開を行っている企業のリーダーたちを招待してサスティナビリティを考える意見交換会を英国・ロンドンにて、11月18日-19日の二日間に渡って開催された。意見交換会には、スターバックスのジム・ハンナ氏をはじめとして60以上もの参加者がサスティナビリティを実現するために共有できる技術やツールに関する話し合いを行った。会議のハイライトは以下のとおり。・4 [...]

» 続きを読む
2013/12/16 最新ニュース

【ギリシャ】Global Sustain、国際基準に基づく同社初のサステナビリティレポート

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ支援サービスを提供するギリシャのGlobal Sustainは、同社初となるサステナビリティレポートを発表した。同レポートの中で、国際標準に基づいたサステナビリティとその活動、経営方針を公約した。各分野での内容は以下の通り。ヒューマンリソース 人材は企業の発展の大きな要素である。企業として人材の成長のため雇用や評価など計画的に投資していく。社会貢献活動 毎年度末、2つの非営利、非政治団体に寄付している。さらに会社とアン [...]

» 続きを読む
2013/12/13 最新ニュース

【イギリス】アパレル業界のサステナビリティを高める強力な連携が誕生

Facebook Twitter Google+

革新的な超節水タイプのクリーニング・システムを提供するイギリスのXerosは、アパレル・靴業界のサプライ・チェーンのサステナビリティ向上を推進する団体であるSustainable Apparel Coalition (SAC)に参加することを発表した。SACは、100以上のアパレルおよびシューズブランドに加え、小売店、メーカー、政府組織、非営利団体、学術機関などから成る組織だ。そのメンバーには、アディダスやバーバリー、コカコーラ、リー [...]

» 続きを読む
2013/12/12 最新ニュース

【アメリカ】P&G、第15回サスティナビリティレポートを発表

Facebook Twitter Google+

洗剤・コスメティックメーカーのP&Gが、第15回サスティナビリティレポートを発表した。本年度報告書はP&Gのこれまでの世界中の人々がより良い生活を送るために行ってきたサスティナビリティーへの取り組みの結果と2020年度までに達成するべき社会に対する貢献の公約が記載されている。エネルギーコストの削減を主としたレポートの要旨は以下の通り。資源消費の抑制、環境へのダメージの削減 水消費量、二酸化炭素排出量を削減。廃棄物を再利 [...]

» 続きを読む
2013/12/11 最新ニュース

【アメリカ】The Coca-Cola Companyの年次レポートと2012年の活動成果

Facebook Twitter Google+

アメリカの飲料メーカーThe Coca-Cola Companyは、「第10回サスティナビリティ年次レポート」と2012年に成果を上げた同社の取り組みと2020年までの新たな達成目標を記した「第3回グローバル・レポーティング・イニシアティブ」の2つのレポートを発表した。同社CEOのMuhtar Kentによれば、同社が持続可能な社会の実現において重要とするテーマは「女性」「水」「ウェルビーイング」の3つだという。「女性」において同社は [...]

» 続きを読む
2013/12/10 最新ニュース

【カナダ】鉱業協会とストラトス社がECR賞を共同受賞、持続可能な鉱業に高い評価

Facebook Twitter Google+

カナダの鉱業協会(MAC)とサステナビリティ・コンサルティング・ファームのストラトス社が、持続可能な鉱業を主導する「TSMイニシアティブ」において顕著な実績を収めたとしてECR賞を受賞した。同賞は、カナダのCorporate Responsibilityの専門家たちが、持続的かつ倫理的ビジネスの手段や手法を生み出した団体に対し、その努力と貢献を評して授与するもの。TSMイニシアチブは、カナダの鉱業会によって2004年に立ち上げられ、鉱 [...]

» 続きを読む
2013/12/09 最新ニュース

【アメリカ】発展途上国に安心して飲めるきれいな水を送り届けるためのチャリティー活動

Facebook Twitter Google+

 水のフィルターメーカーSomaは、NPO法人Waterと共同で初のコラボレーションチャリティーを開催する。Waterは発展途上国に住む人々に安心して飲めるきれいな水を送り届けることをミッションとした団体。2006年以降、8000以上のプロジェクトを運用し、320万人を超える発展途上国の人々にきれいな水を提供してきた。  今回のチャリティーでは、Somaにより、評判の高い独特なデザインの水差しと水を濾過するフィルターが数量限定で提供さ [...]

» 続きを読む
2013/12/06 最新ニュース

【アメリカ】議論を呼ぶ遺伝子組み換え食品への規制を強めるワシントン州の法案522

Facebook Twitter Google+

有機農法や持続可能な農業の提唱者Phillipe van den Bossheが、ワシントン州のGMO(遺伝子組み換え作物)ラベリングについて、「消費者の利益を確保するために、ラベリングの議論は行われるべきで、消費者は何を買うべきか最良の選択を行うだろう。」と語った。同氏は、有機農業・園芸のコンサルティング会社Advancing Eco Agricultureの社長でもある。現在、ワシントン州では、遺伝子組み換え作物を用いた食品に表示 [...]

» 続きを読む
2013/12/05 最新ニュース
ページ上部へ戻る