GRIという名前に込められた意味とは? GRIの知られざる誕生エピソード

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、今やサステナビリティ報告の世界標準となるガイドラインの発行機関として有名なGRI(Global Reporting Initiative)の生みの親、Bob Massie氏のインタビュー。 GRIは、UNEP(United Nations Environment Programme)の協力のもと、アメリカに本拠を置く2つのNPO、Ceres(Coalition for Environmentally Respons [...]

» 続きを読む
2014/03/26 最新ニュース

【アメリカ】Corktown Seedがステークホルダーの関心を測るITツールを開発

Facebook Twitter Google+

アメリカのマーケティング支援会社Corktown Seedは、企業がステークホルダーの関心を測るための調査ツール「Good Measure」をリリースした。Corktown Seedは従来「顧客の声」を取り入れたブランディングや製品開発のコンサルティングを得意としている会社。今回、彼らが持つ顧客理解のノウハウが、サステナビリティの分野に応用されている。 Good Measureは、ステークホルダーに対してアンケート調査を行い、その回答 [...]

» 続きを読む
2014/02/02 最新ニュース

【アメリカ】Causoraがファンドレイジングの新サービスを発表

Facebook Twitter Google+

アメリカ・ロサンゼルスのCausoraは、無料のファンドレイジングサービスをCSRwireと共同開発し開始したと発表した。同社は、数あるファンドレイジングサイトの中でも、そのユニークな手法により知名度を急上昇させている。従来のファンドレイジングサイトでは、サイト上に表示されるプログラムの中から気に入ったものを選びそれに対してウェブ上で寄付ができるというものだ。Causoraの場合は、ウェブ上で寄付ができるところまでは同じだが、寄付する [...]

» 続きを読む
2013/12/24 最新ニュース

【アメリカ】The Christian Science Monitor、Twitterユーザーに向けてSRIの有効性を再確認するチャットを実行

Facebook Twitter Google+

アメリカのThe Christian Science MonitorとSRI Conferenceは、2013年12月11日、CSRwireと協同で、SRIの有効性についての公開チャットをTwitterで行った。The Christian Science Monitorは国際報道機関。本チャットには、SRI業界のベテランであるThe Christian Science Monitor編集ディレクターのSteve Schueth、倫理学 [...]

» 続きを読む
2013/12/20 最新ニュース

【アメリカ】CA Technologies、国連とDow jones主催のCSR賞に選出

Facebook Twitter Google+

アメリカの経営・セキュリティに関するITソリューション会社CA Technologiesが、国連グローバル・コンパクト・ストック・インデックス(以下、GC100)の優良企業100社とDow Jones Sustainability World Indexに選出された。GC100は、「企業の社会的責任に関する10の原則」を支持すると共に、基礎的な収益性を確保する企業が選出される。Dow Jones Sustainability Worl [...]

» 続きを読む
2013/12/02 最新ニュース

【アメリカ】モルガン・スタンレーが持続可能な未来投資のための研究所を設立

Facebook Twitter Google+

世界屈指の金融機関、モルガン・スタンレー(MS)の会長兼CEOジェームス・ゴーマン氏は、持続可能な未来の投資にかかわる研究所を設立すると発表した。同氏は研究所の設立目的として、以下の2点を挙げた。未来志向の「変革投資」の機会を拡大すること現在のクライアントが求めるのは持続可能性に焦点を当てた金融商品や投資。対象は、環境分野のみならずヘルスケア分野や住宅など「生活環境の質」にプラスを与えるもの。MSは顧客の戦略的パートナーになることで彼 [...]

» 続きを読む
2013/11/20 最新ニュース

【カナダ】新たな成長サイクルがみえてきた:EDCがカナダと世界の経済回復の兆しを予測

Facebook Twitter Google+

カナダ輸出開発公社(EDC)は、世界経済は新たな成長サイクルの足がかりをようやくつかんだと発表した。 日本やEUをはじめ、先進地域でのOECD景気先行指標は上昇。世界経済を牽引する米国でも、国の財政危機による経済悪化の懸念はぬぐえないものの建設業界をはじめ民間経済は悪くない。EDCは、2014年の世界経済成長率を3.9%、続く2年は3.2%程度と予想。先進地域での世界GDPへの貢献度は新興国より高くなるだろうと分析する。 持続可能なグ [...]

» 続きを読む
2013/11/05 最新ニュース
ページ上部へ戻る