【アメリカ】スターバックス 「CSRは単独の概念ではなく、企業DNAそのもの」

Facebook Twitter Google+

米Starbucksの広報担当役員Corey duBrowa氏は、ジョージワシントン大学政策管理大学院が開催したウェビナーでスピーチを行い、受講生に対して同社におけるCSRの意義について「スターバックスにとってCSRは、CSRという単独の活動ではなく、企業DNAそのものだ」と力説した。Corey duBrowa氏によると、スターバックスではCSRというテーマで議論がされることはないという。同社では、むしろ常に企業の価値や原則に関する話 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】オーガニック食品市場が成長。欧州、アジアでも同様の動き

Facebook Twitter Google+

アメリカでオーガニック食品業界が急成長している。投資家向け雑誌であるアメリカのMotley Foolは、先日「オーガニック食品業界が"買い"の5つの理由」(5 Reasons to Buy Into the Organic Market)と題する記事を発表。世界のオーガニック食品業界の市場動向について、アメリカの家庭のうち81%が自身の健康を考えてオーガニックフードを購入、オーガニック食品志向はヨーロッパ、インド、東南アジアでも進み、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】自動車バッテリーのリサイクル、消費者の知識と現実とのギャップが明らかに

Facebook Twitter Google+

自動車関連・ビル管理システム大手のJohnson Controls社が2014年3月に実施した調査によると、米国人の10人中7人は自動車バッテリーのリサイクル方法を知らず、消費者の知識と現実の間に大きなギャップがあることが分かった。 同社の調査によれば、米国人の3分の2が、ほとんどの使用済み自動車バッテリーは廃棄場に置き去りにされ有害物を生むと考えており、彼らの71%は特別なリサイクルセンターでなければ自動車バッテリーはリサイクルでき [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米商務省と北欧機関投資家 インパクト投資に向けたスタディーツアーを実施

Facebook Twitter Google+

米商務省は、アメリカのインパクト投資分野のファンドマネージャーと北欧の機関投資家を結びつけるスタディーツアーを5/12~5/16に開催する。北欧の資金を拡大しつつあるアメリカのインパクト投資市場に呼びこむとともに、アメリカのソーシャルビジネス事業のノウハウを、北欧地域にも浸透させることを狙う。スタディーツアーの実務は、サステナブルビジネスやクリーンテクノロジーの業界に特化したコンサルティングを手がけるWatershed Capital [...]

» 続きを読む

【アメリカ】Social EnterprisesがBコーポレーションに認定

Facebook Twitter Google+

サステナビリティやソーシャルインパクト分野のイベント主催企業、アメリカのSocial Enterprisesは、Bコーポレーションの認証を獲得したことを発表した。同時に、法人格もベネフィット・コーポレーション(社会的企業に適した新たな法人形態)に変更した。Bコーポレーションは、定められた審査基準を通過し、社会的・環境的課題をビジネスの力で解決しようとする組織に対して付与される認証。同社は、より良い世界を創造しようとするNPOに対して資 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】気候宣言 企業が政治家に対して気候変動への対応を要求

Facebook Twitter Google+

Appleなど、アメリカ・カリフォルニア州を拠点にしている120社以上の企業は、気候変動がもたらすビジネスチャンスを掴むため、連邦議会議員と州議会議員に対して行動を要求する宣言「気候宣言」に署名した。他に署名した企業は、太陽光発電設備を提供するSolarCityやSungevity、バイオ燃料を手がけるSapphire Energy、エコハウスメーカーのKB Homeの他、温室効果ガス排出量削減に取り組むサンディエゴ国際空港なども名を [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ハワイ政府が自然エネルギーの貯蔵研究設備を整備 企業を誘致

Facebook Twitter Google+

ハワイ州、ハワイ郡、ハワイ電力会社の3者は、ハワイ州立自然ネルギー研究所(HELHA)が管理するハワイ海洋科学技術パーク(HOST)に自然ネルギー事業会社を誘致するため、協力することで合意した。ハワイ海洋科学技術パークにはすでに自然エネルギーの貯蔵実験設備があり、実証研究段階にある企業にとって同施設をより魅力的にするため、3者はお互いの経営資源を共有化する。今回の戦略的パートナーシップの背景には、風力・太陽光エネルギーの貯蔵設備市場が [...]

» 続きを読む
2014/04/27 最新ニュース

【アメリカ】CSEのCSR研修プラグラムがアメリカで大人気 日本でも受講可能

Facebook Twitter Google+

サスティナビリティに関連する戦略アドバイスやトレーニングプログラムを提供する、アメリカのThe Center for Sustainability and Excellence (CSE)は、同社の5年間継続しているCSR研修プログラムをヒューストンで2月に開催し、大きな成功を収めたと発表した。今回の研修には、コカコーラ、米国郵便サービス、ABMやNASAといった世界的なリーディングカンパニーや組織も参加した。2日間の研修コースでは、 [...]

» 続きを読む
2014/04/26 最新ニュース

【ケニア】アメリカ社会企業 ケニアのサバンナ・森林保護に大規模投資

Facebook Twitter Google+

アメリカ・カリフォルニア州に本社を置き、森林保全を手がける企業 Wildlife Works Carbonは、ケニア南東部の森林保護を行う「タイタヒルズ自然保護・持続可能土地利用プロジェクト(以下、タイタプロジェクト)」を開始するため、ルクセンブルグに本部を置く世界的に著名なAlthelia Climate Fundから1000万米ドルの資金提供を受けたことを発表した。タイタプロジェクトは、ケニア南東部に広大に広がる森林・サバンナ地帯 [...]

» 続きを読む
2014/04/24 最新ニュース

【アメリカ】オラクルのサステナビリティ戦略

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、アメリカのカルフォルニア州に本拠を置くOracle Corporation(オラクル・コーポレーション)のサステナビリティに関する取り組み。オラクルは言わずと知れた世界のIT業界を牽引するグローバルカンパニーで、DBMS(データベース管理システム)を中心に主に企業向けソフトウェアの開発・販売を展開している。オラクルの代名詞とも言える"Oracle Database(オラクル・データベース)"は世界トップシェアを占め [...]

» 続きを読む
2014/04/22 最新ニュース
ページ上部へ戻る