【アメリカ】気候宣言 企業が政治家に対して気候変動への対応を要求

Facebook Twitter Google+

Appleなど、アメリカ・カリフォルニア州を拠点にしている120社以上の企業は、気候変動がもたらすビジネスチャンスを掴むため、連邦議会議員と州議会議員に対して行動を要求する宣言「気候宣言」に署名した。他に署名した企業は、太陽光発電設備を提供するSolarCityやSungevity、バイオ燃料を手がけるSapphire Energy、エコハウスメーカーのKB Homeの他、温室効果ガス排出量削減に取り組むサンディエゴ国際空港なども名を [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ハワイ政府が自然エネルギーの貯蔵研究設備を整備 企業を誘致

Facebook Twitter Google+

ハワイ州、ハワイ郡、ハワイ電力会社の3者は、ハワイ州立自然ネルギー研究所(HELHA)が管理するハワイ海洋科学技術パーク(HOST)に自然ネルギー事業会社を誘致するため、協力することで合意した。ハワイ海洋科学技術パークにはすでに自然エネルギーの貯蔵実験設備があり、実証研究段階にある企業にとって同施設をより魅力的にするため、3者はお互いの経営資源を共有化する。今回の戦略的パートナーシップの背景には、風力・太陽光エネルギーの貯蔵設備市場が [...]

» 続きを読む
2014/04/27 最新ニュース

【アメリカ】CSEのCSR研修プラグラムがアメリカで大人気 日本でも受講可能

Facebook Twitter Google+

サスティナビリティに関連する戦略アドバイスやトレーニングプログラムを提供する、アメリカのThe Center for Sustainability and Excellence (CSE)は、同社の5年間継続しているCSR研修プログラムをヒューストンで2月に開催し、大きな成功を収めたと発表した。今回の研修には、コカコーラ、米国郵便サービス、ABMやNASAといった世界的なリーディングカンパニーや組織も参加した。2日間の研修コースでは、 [...]

» 続きを読む
2014/04/26 最新ニュース

【ケニア】アメリカ社会企業 ケニアのサバンナ・森林保護に大規模投資

Facebook Twitter Google+

アメリカ・カリフォルニア州に本社を置き、森林保全を手がける企業 Wildlife Works Carbonは、ケニア南東部の森林保護を行う「タイタヒルズ自然保護・持続可能土地利用プロジェクト(以下、タイタプロジェクト)」を開始するため、ルクセンブルグに本部を置く世界的に著名なAlthelia Climate Fundから1000万米ドルの資金提供を受けたことを発表した。タイタプロジェクトは、ケニア南東部に広大に広がる森林・サバンナ地帯 [...]

» 続きを読む
2014/04/24 最新ニュース

【アメリカ】オラクルのサステナビリティ戦略

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、アメリカのカルフォルニア州に本拠を置くOracle Corporation(オラクル・コーポレーション)のサステナビリティに関する取り組み。オラクルは言わずと知れた世界のIT業界を牽引するグローバルカンパニーで、DBMS(データベース管理システム)を中心に主に企業向けソフトウェアの開発・販売を展開している。オラクルの代名詞とも言える"Oracle Database(オラクル・データベース)"は世界トップシェアを占め [...]

» 続きを読む
2014/04/22 最新ニュース

【アメリカ】Blackstoneの現役CEOがグリーンビルディング認証協会の理事に

Facebook Twitter Google+

プライベート・エクイティ世界最大手の一つであるBlackstoneのCEO、Don Anderson氏は、米国グリーンビルディング認証機関(GBCI)の理事に選出された。 2008年に設立されたGBCIは、アメリカですでに知名度の高い米国グリーンビルディング協議会の認証LEED®の認証審査・付与機関として設立された。LEED®は、建物の設計、施工、運用、メンテナンス全ての面でのエコを意識できているかどうかを格付けする制度。米国グリーン [...]

» 続きを読む
2014/04/21 最新ニュース

【アメリカ】一般消費者は寄付よりも”社会的価値ある”商品の購入を好む傾向

Facebook Twitter Google+

コンサルティングファームのGood.Must.Grow.は、アメリカの一般消費者が、自身の社会貢献を考える時に、チャリティとして寄付するよりも、社会的に価値がある商品の購入を選ぶ傾向にあるとする調査結果を発表した。社会貢献を謳う企業や商品の増加などが背景にあるとみられる。しかし一方で、そのような商品に関する情報や知識の欠如により、消費行動の変化が妨げられているという課題も調査からは浮かび上がってきた。調査は2014年2~3月に1010 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】大手飲料メーカー 2020年に達成目指す新たな3つの目標

Facebook Twitter Google+

 アメリカの飲料メーカー大手Keurig Green Mountain社は、2013年度のサスティナビリティレポートの中で、2020年までの新たな目標を掲げた。  Keurig Green Mountainは新目標の設定にあたり、2012年に、社内外の120のステークホルダーを巻き込んだ膨大な重要性分析(マテリアリティ・アナリシス)を実施した。そのステークホルダー・エンゲージメントを通じて、次のような新目標を定めた。 サプライチェーン [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ICT企業の人権保護 高まる海外からの圧力

Facebook Twitter Google+

イギリスのNPO団体、Business & Human Rights Resource Centreは、人権に関する専門家やビジネスマン、政府代表者を集めたシンポジウム"Rightscon"を米国シリコンバレーで開催した。今年のシンポジウムでは、特にICT(情報通信技術)企業が焦点となり、開会前に配布された資料の中で、世界中のICT企業に対して、人権保護に対する積極的な貢献と人権侵害となるような悪用を避けるよう要求した。ICT [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る