【アメリカ】電気料金のプリペイド方式は節約意識と顧客満足度を向上

Facebook Twitter Google+

エネルギー分野に特化したコンサルティングファームのDistributed Energy Financial Group (DEFG)は、電気料金をプリペイド式に切り替えた利用客は、電力の消費行動に変化が生まれ、以前に比べ電気消費量を5.5%~14%削減するとの調査結果を発表した。消費量がリアルタイムでわかることや、電気の使い方についての理解が高まった結果、節約行動に結びついたと考察している。調査に参加した4人に3人が電気料金が下がるよ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】株主たちは企業の気候変動対策の強化求める傾向

Facebook Twitter Google+

マーケットでのサステナビリティを追求する非営利組織Ceresは、2014年度に機関投資家などの株主が株主総会の場で企業に提出した、温室効果ガス(GHG)削減やエネルギー効率化などの取り組みを求める株主決議が過去最多となり、投資家が企業に対しより一層の気候変動対策を求める傾向にあると発表した。Walden Asset Management、the New York State Comptroller’s Office、the Calif [...]

» 続きを読む

【アメリカ】「消費者はサステナビリティのためにより多くを支払うか?」に対するウォルマート会長の答え

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介するのは、4月3日にカルフォルニアのサンタバーバラで開催されたECO:nomicsにて、ウォルマート会長、Michael T. Duke氏が登壇しているパネルディスカッションの一コマ。ECO:nomicsはウォール・ストリート・ジャーナル誌が主催するイベントで、1年に1度、グローバルカンパニーのCEOや投資家、起業家、環境の専門家や政策立案者などが集まり、ビジネスと環境のボトムラインについて議論するカンファレンス。 ウォール [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GAPとthe Pearson Foundationが高校生向けの教育カリキュラムを無料配布

Facebook Twitter Google+

アメリカのカジュアル衣料大手Gap Inc.とthe Pearson Foundationは、進学や就職を控えた高校生が自身で目標設定をして達成する力を養うために開発された教育カリキュラム「Plan Ahead」を、無料で配布すると発表した。Plan Aheadは1学期分のコースで、学問、生活、仕事の分野で明確な目的を設定し、達成するプロセスを学ぶように考案された。カリキュラムは全米学力共通基準「コモン・コア」とも提携し、能力や技術の [...]

» 続きを読む

【カナダ】バイオ燃料のGreen Planet Bio-FuelsがBコーポレーションの認証を取得

Facebook Twitter Google+

バイオ燃料を製造するスタートアップ企業、カナダのGreen Planet Bio-Fuel社は、“B Corporation"の認証を受けたことを発表した。同社はレストラン、ホテル、食品加工会社などカナダのオンタリオ州で1000以上の顧客を持ち、料理で使われた使用済み食用油を収集しリサイクルして、バイオ燃料を製造している。同社は現在、使用済み食用油のリサイクルを手がける企業としてはカナダで唯一。有害物質を除去した上でリサイクルする高い [...]

» 続きを読む

【アメリカ】CSE社が15年の経験を詰め込んだサステナビリティ(CSR)実務書を出版

Facebook Twitter Google+

アメリカを代表するサステナビリティ・シンクタンクCentre for Sustainability and Excellence (CSE)のNikos Avlonas社長とGeorge Nassos顧問は、CSRに関する著作「Practical Sustainability Strategies: How to Gain a Competitive Advantage.」を出版した。出版3週間ですでにアメリカでベストセラーとなってい [...]

» 続きを読む

【アメリカ】企業とNPO連携の新たな展開。課題の共有と共通ゴールの設定へ

Facebook Twitter Google+

アメリカの大手環境保護NPO"1% for the Planet"は、企業とNPOのネットワークイベント"Connect the Dots Conference"をカリフォルニア州で開催した。今回が第1回目。会場では、Patagonia, Klean Kanteen, New Belgium Brewingなどサステナブル経営をリードする企業の代表者も登壇し、オンラインメディアを使った同時中継でロンドン、パリなどの海外からもスピーチを [...]

» 続きを読む
2014/03/26 最新ニュース

【アメリカ】Adobe、環境負荷を軽減する世界一のテクノロジー企業に選出

Facebook Twitter Google+

アメリカの大手アプリケーション開発メーカーAdobeは、企業の環境インパクトを分析するリサーチ企業Trucostが選出するNatural Efficiency Capital Leaderに選ばれた。Natural Efficiency Capital Leaderとは、Trucostが4600以上の上場企業を評価し、19業種の中から環境負荷の軽減を推進している34企業を選定するもの。地球の自然資源の利用量を削減しながら、収益を成長さ [...]

» 続きを読む
2014/03/25 最新ニュース

【アメリカ】米・廃棄物管理のイノベーターが企業にリサイクルデザインメソッドを指南

Facebook Twitter Google+

廃棄物処理会社であり今では各企業の原材料管理コンサルティングも手がけるWaste Managementは、サステナビリティ関連情報メディア運営の米CSRwireと連携し、同社のノウハウや、企業にサステナブル経営を導入するメソッドなどを伝授するオンラインイベントを開催した。同イベントでは、Waste Managementのサステナビリティ部門を率いるTom Carpenter常務執行役員と、廃棄物のリサイクル設計/方法についてチャット意 [...]

» 続きを読む
2014/03/12 最新ニュース

【アメリカ】アメリカでの企業のCSRは大きく活発化。ボストンカレッジ調べ。

Facebook Twitter Google+

アメリカ、ボストンカレッジのコーポレートシチズンシップセンターは、最新の企業CSR実践に関する調査を発表。調査対象はアメリカ企業231社。前回2010年時と比べ、CSR活動が活発化しているという結果をまとめた。前回2010年と比べ、CSRを推進する企業幹部が74%増加(CSR部門や広報部門に在籍)CSR予算を持つ企業の割合は、前回2010年の81%から100%に上昇約3分の2の企業が公式なCSR戦略を保有多くの業界でCSR予算は社員教 [...]

» 続きを読む
2014/03/10 最新ニュース
ページ上部へ戻る