【国際】社会における女性の経済的影響力は、女性の役員登用状況や在職期間に大きく影響

Facebook Twitter Google+

 女性が企業の役員に登用され、その職に留まるうえで重要な決定要素となっているのは、社会において女性が持っている経済的な影響力だとする研究結果が公表された。「経済的な影響力」はその社会において女性が得られる教育期間や労働への参画機会など、役員会議室の外にある要因により規定されており、かつそれらの要因は女性が役員に登用される上で多大な影響を持っているという。  この研究はバンク・オブ・ニューヨーク・メロン、ニュートン・インベストメント・マ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウェルズ・ファーゴ、2014年度のCSR報告書を公表

Facebook Twitter Google+

 米金融大手ウェルズ・ファーゴが3月末、2014年度のCSR報告書を公表している。報告書によれば、同社が掲げている経済・社会・環境に関する10の目標を達成したほか、2020年までの目標についても計画通りか予定より早いスピードで達成に向けて進捗しているとのことだ。  ウェルズ・ファーゴで政府・コミュニティリレーション担当責任者を務めるJon Campbell氏は「我々の地域社会への貢献活動は当社のカルチャーの重要な構成要素であり、我々の [...]

» 続きを読む

【イギリス】ガーディアン、化石燃料関連企業から投資資金を引き揚げへ

Facebook Twitter Google+

 英紙ガーディアンなどを運営するガーディアン・メディア・グループ(以下、GMG)は4月1日、化石燃料関連企業への投資から資金を引き揚げると発表した。GMGの投資資金は8億ポンド以上に及び、これまで化石燃料銘柄からの投資撤退を宣言した企業の中で最大規模となる。  この決定について、GMGの会長を務めるNeil Berkett氏は「今回の決定は財務面、倫理面の双方から見て正しいものだ。難しい意思決定ではあるが、これは我々の組織としての価値 [...]

» 続きを読む

【日本】JSIF会長の荒井勝氏がPRIの理事候補に推薦

Facebook Twitter Google+

 PRI(国連責任投資原則)は4月30日、中間選挙(理事のポストに空きができたための臨時選挙)の実施およびPRI理事会による推奨候補としてJSIF(NPO法人社会的責任投資フォーラム)会長の荒井勝氏を推すことを発表した。  今回の選挙はInvestment Managerの理事2席のうち1席に空きができたため実施されるものだ。PRI署名機関のInvestment ManagerのCEO/CIO、あるいは元CEO/CIOが候補者資格を持 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】大手機関投資家ら、SECに対し企業取締役会のダイバーシティ開示強化を要望

Facebook Twitter Google+

 米国の大手公的年金基金9機関は3月31日、証券取引委員会(以下、SEC)に対して企業の取締役会のダイバーシティに関する情報開示強化を求める要望書を提出した。9機関はSECに対し、役員のスキルや経験、功績だけではなく、性別や人種、民族性についての情報開示も義務化するように強く求めた。  要望書にはIllinois State Board of Investment常任理事のWilliam Atwood氏やOhio public emp [...]

» 続きを読む

【アメリカ】カルバート、S&P100社のダイバーシティ推進状況を公表

Facebook Twitter Google+

 米国のSRI投資会社、カルバート・インベストメントが先月、S&P100社のダイバーシティ推進状況をまとめた調査報告書、"A Survey of Corporate Diversity Practices of the S&P 100"を公表している。同報告書によると、S&P100社の間ではダイバーシティ推進に関するトップコミットメントが増えており、ダイバーシティ方針、実績、情報開示の全てにおいて積極的に取り組んでいる姿勢が見て取れる [...]

» 続きを読む

【中南米】米州開発銀行、2014年はサステナビリティ事業に44億米ドルを投資

Facebook Twitter Google+

 米州開発銀行(以下、IDB)は2014年、気候変動緩和・適応策の推進、再生可能エネルギー、環境サステナビリティ関連事業への投資額が前年比15億増となる44億ドルに到達したと発表した。  IDBが4月2日に公表した年次サステナビリティ報告書によると、IDBの上記投資額は同行の年間貸出金額の3分の1に相当し、同行が掲げていた25%という目標を上回ったとのことだ。同報告書は2014年の同行のサステナビリティ目標の進捗状況や、IDB加盟国で [...]

» 続きを読む

【国際】CDPへの署名機関投資家数は順調に増加。高まるCDPの影響力。

Facebook Twitter Google+

 世界の機関投資家らが集まり、企業に対して気候変動に関する情報開示を求めている国際団体のCDP(旧カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)が、かつてないほどの影響力を持ちつつある。2015年3月現在、総計95兆米ドルの資産を有する822の機関投資家が、世界の大手上場企業5,850社に対し、CDPを通じて環境データ、戦略、行動に関する情報開示を要求している。  さらに今年は、CDPは12月にパリで開かれるCOP21に先立って気候変動 [...]

» 続きを読む

【中国】The Climate Bonds Initiative、中国のグリーンボンド市場成長に向けた政策提言書を公表

Facebook Twitter Google+

 気候変動対策投資を推進する国際NPOのThe Climate Bonds Initiative(CBI)、International Institute for Sustainable Development(IISD)および中国人民大学重陽研究所は3月24日、中国のグリーンボンド市場成長に向けた政策提言書、"Growing a green bonds market in China: key recommendations for [...]

» 続きを読む

【ベトナム】世界銀行、ベトナムで43,000世帯以上の持続可能な植林を支援

Facebook Twitter Google+

 世界銀行は3月27日、同行の展開するForest Sector Development Project(森林セクター開発事業)により2005年から2015年までの10年間でベトナムに住む43,000世帯以上がマイクロファイナンスによる金銭的支援を受け、76,500ヘクタールの植林地の創出に成功したと発表した。  同事業はベトナムの6地域で行われ、土地の調査および35,000世帯に対する土地利用権の保証書発行のための資金を提供し、地域 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る